OKIRAKU BOARD


[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [ワード検索] [留意事項] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
イメージ [アイコン参照]   削除キー (記事削除用)
投稿キー (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
仏陀の道の端で  spinobuddhist 2018/03/17(Sat) 00:15 No.54869 [返信]

ノスタルジー二題

春 近 き 陽 浴 び 過 去 世 の 草 萌 ゆ る


土 砕 け 近 づ く 春 を 懐 か し む

  < 転記 >    春間 則廣  2018/03/15(Thu) 07:56 No.54864 [返信]


science note plus fantasy

No.1427


2018/03/15 00:53

>>No. 1417


わたしは 下げポチ していませんが
書き込みます

自分の思っていることは
すべて 逆だと 思えるとき
自分を見つめることになります

自分を見つめてはいない
と 思う時
見つめています

少し  というとき 多くを期待しています

克服出来たらいい  と思う時
その克服は
より大きな 「 困った点 」 になっています

何度か 「現成公案」 を 引いていますが
本当に 些細なことで 気が付きにくいことが
全ての自分の人生の 方向を決めています

「ひとかたは足らず」 と 足りていることに思いを馳せる

その ひとかた  が  毫釐の差 = 本当に目に入らないほど小さなこと

「 毫釐も差有れば 天地懸に隔たる 」


 転記   テンキヨシ      春間 則廣  2018/03/13(Tue) 09:13 No.54860 [返信]


> イエスという救いなしに、それらは守られることは難しい、というのがキリスト教の考え方なのでしょうね。

違います
違うと言っても
あなたは そう理解する下地で
理解を構築している

その下地が違うから
下地の上に 砂上楼閣  が 立つ

キリスト教 を 信じるのは
キリストではなく 
それを 「 信仰 だとする 」 信仰 ラシキモノ
を 手放さない いわゆる “信者”

君も その解釈において らしき  に 囚われる
らしきを構築する  今までの( 今と思い違う )
  “ 自分 ”
   という    「我」 = 我執  に 囚われる

キリスト を  ナザレのイエス と しても構わないなら
キリスト教 は イエス の 言葉と行い そのモノです

そのモノ  を  知る者は 
そのモノ  と  共にあり
そのモノ との  区別ができない 
そのモノ  である

イエスの言動にあるモノは イエス  です

あなた  誰  ?  ( 誰彼なく 我である )


Re: 仏陀の道の端で   春間 則廣  2018/03/12(Mon) 02:08 No.54859 [返信]


>  妹の旦那さんはイスラム教徒ですが、死は神さまが決めると言っていました。なるほどなあ、って、思いました。神さまがいなければ、自分が決めることになる、ということかと。

神が いようと いまいと
自分がいる限り
自分が決める

自分がいなくなったら どう決まるかは
いなくなってから分かること

分かるまでは 自分でわかるしかない

<  転記  >   春間 則廣  2018/03/11(Sun) 10:31 No.54857 [返信]


> ↑ この例に限らず、「結果」は誰もが避けては通れないこと。

結果など  誰にも起きていない
起きていても 結果にいなければ 分からない

結果  とは  「 涅槃寂滅 」 ・ 「 成就 」  です
あなたが思うことに  「 因 」  が 起きていようと
今起きているのは  「 経過 」 です

今の経過を 通って 涅槃へと ( 誰でも ) 至る
至らない  ( という 思いを離れることが出来ない ) のは
 経過      に   あるから


> 私も口出しする馬鹿だということ。

バカだと知っている 知った者=利口 だと 言っている

「 そう言ってはいない  馬鹿 」   と   言っている
( わたし も 馬鹿なら 馬鹿を規定できない )

言ってはいないと言っても
心にしていることが ちゃんと伝わってくる

馬鹿にするんじゃない
( 自分を含めて )
自分を知れば 馬鹿 という 概念はなくなり
利口という想いもなくなる

まあ 聞く耳を持たなければ
言うだけ 無駄 の 口が開く

開けた扉は 閉まるところにある


仏陀の道の端で  spinobuddhist 2018/03/06(Tue) 00:39 No.54853 [返信]

枯 れ 終 わ り 青 ら み 亘 る 萱 の 山


初 禅 捨 て 生 ま れ 早 咲 く 花 見 上 ぐ


暮 れ 海 に 赤 月 留 む 春 は じ め

 「勝ったーー!!」 (笑)      春間 則廣  2018/03/02(Fri) 07:48 No.54852 [返信]


カチマケ  という 概念は 仏教にもあります

同時に  カチ の 平等  を 説きます

価値ある  ことには 価値の基準がある
その基準を満たせば  勝ち  と される
( するのは  あなたです )

仏教における 「  勝  」 は 
“ JINA ” という 仏陀 の 呼称に 使われます
「 勝者 」 と 訳されたりします

釈迦牟尼時代から今に続く
ジャイナ教  の ジャイナ は
  マハービラ を ジナ(勝者) とするところからきています

この勝者は
   敗者を決める 勝者に
勝利する
  真理( 如来 )の 別名です

あなたは  勝って  負けを手にしていませんか ?


いくら負けても 「平等」 で ある ( 勝ち負けの 価値は同じ )

このことは 矛盾していますか ?


記事No 削除キー

- Honey Board -