OKIRAKU BOARD


[トップに戻る] [スレッド表示] [トピック表示] [ワード検索] [留意事項] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
イメージ [アイコン参照]   削除キー (記事削除用)
投稿キー (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
  阿含 と アーガマ     春間 則廣   2016/10/03(Mon) 10:35 No.53797 [返信]


阿含宗というものは
営利集団です

利を求めるから 営利 です

本当の宗教は 金を求めません
しかし
金を否定はしません

求めてはいなくても
使い方には
求めようがある

布施 というものは お金には決して変わりません
お金は 決して 布施には変わりません

布施には 三つあるといわれますが
三つを構成する 一つの心 が あります

これが一つの心である
という 心は
決して 一つと  一つ には  なりません

これが真理である
という 真理は
決して真理ではないのです

どう違うかは 真理にあるときに分かる

分かるまでは、 分かっているというモノに 従いますか ?



阿含宗は 仏教を名のります
浅原彰晃は 阿含宗より出でて 
オーム真理教 なる 仏教を起こしました

オーム は仏教ではない
阿含宗は 仏教である

そういう理屈で
阿含宗は 仏教ではない という 理屈を 破壊(破邪顕正)できません

正しい 行いだけが 正しさを 決します

論じゃないんですよ !


res-1.gif res-2.gif res-6.gif mouse.gif
Re:   阿含 と アーガマ     春間 則廣   2016/10/04(Tue) 08:04 No.53797


自分の 信仰の限界が
自分の向きを支えています
向きを変えるのは
あなたの向きに対する姿勢でしかありません
向きは変わっても
あなたの姿勢は変わらない
あなたの姿勢が あなたの限界にある
姿勢を変えるという姿勢
それが あなたの 宗教に対する向きを決めます

自分で決められないから
誰かを頼る   という  向き様

それが 桐山 から 石飛 に 変わろうと
頼るあなたに 何の変化もない

そういう自分を見つめる時
見つめる立場が 縁起しています

見つめようからは 決して離れられない
とみる には
どこから 観ますか ?


そういう立場が 一つであって すべての人に共有されている
すべて  だから  「 平等 」 です


自分と同じを 「平等」 と 言います

同じものに 頼れますか ?


res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif mouse.gif
Re:   阿含 と アーガマ     春間 則廣   2016/10/06(Thu) 09:24 No.53797


あなたの姿勢が あなたの限界にある
姿勢を変えるという姿勢
それが あなたの 宗教に対する向きを決めます

こう変えたいという思い
こう変えているという認識
こう変わったという確認

すべて  こうあらなければならないのではないか ?
という 
あなたの現状認識から発し
その認識形態・認識能力を 離れません

間違っている者は
間違った選択を(過去から今に至るまで)なし続け
間違っている者 で あり
今も 未来も あり 続けます

邪悪 正邪 を 判断できないものが 凡夫 です

あの人なら判断できる  と 凡夫 の 判断(商量)に従う

だったらどうするか ?
どうしようもないか な ?

どうしようもないという  仕方を 選択 しますか ?

ここで 言い伝えられてきた 釈迦牟尼の 言葉を 出してみます

中村元 訳 スッタニパータ

田を耕すバーラドブァージャ

 わたしが聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はマガダ国の南山にある「一つの茅」というバラモン村におられた。そのとき田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは、種子を捲く時に五百挺の鋤を牛に結びつけた。

 そのとき師(ブッダ)は朝早く内衣を着け、鉢と上衣とをたずさえて、田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャが仕事をしているところへ赴かれた。ところでそのとき田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは食物を配給していた。

 そこで師は食物を配給しているところに近づいて、傍らに立たれた。田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは、師が食を受けるために立っているのを見た。そこで師に告げていった、

「道の人よ。わたしは耕して種を播く。耕して種を播いたあとで食う。あなたもまた耕せ、また種を播け。耕して種を播いたあとで食え。」と

(師は答えた)、「バラモンよ。わたしもまた耕して種を播く。耕して種を播いてから食う」と。

 (バラモンがいった)、「しかしわれらは、ゴータマさん(ブッダ)の軛も鋤も鋤先も突棒も牛も見ない。それなのにゴータマさんは『バラモンよ。わたしもまた耕して種を播く。耕して種を播いてから食う。』という」と。

そこで田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは詩を以て師に呼びかけた。

76 「あなたは農夫であるとみずから称しておられますが、われらはあなたが耕作するのを見たことがない。おたずねします。──あなたが耕作するということを、われわれが了解し得るように話してください。」

77 (師は答えた)「わたしにとっては、信仰が種である。苦行が雨である。知慧がわが軛(くびき)と鋤(すき)きである。慚(はじること)が鋤棒である。心が縛る縄である。気を落ちつけることが鋤先と突棒とである。

78 身をつつしみ、ことばをつつしみ、食物を節して過食しない。わたしは真実をまもることを草刈りとしている。柔和が私にとって(牛の)軛を離すことである。

79 努力がわが(軛をかけた牛)であり、安穏の境地に運んでくれる。退くことなく進み、そこに至ったならば憂えることがない。

80 この耕作はこのようになされ、甘露の果実もたらす。この耕作を行ったならば、あらゆる苦悩から解き放たれる。」

 そのとき田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは、大きな青銅の鉢に乳粥を盛って、師(ブッダ)にささげた。──「ゴータマさまは乳粥をめしあがれ。あなたは耕作者です。ゴータマさまは甘露の果実をもたらす耕作をなさるのですかから。」

81 詩を唱えて[報酬として]得たものを、わたくしは食うてはならない。バラモンよ、このことは正しく見る人々(目ざめた人々)のならわしではない。詩を唱えて得たものを、目ざめた人々(諸のブッダ)は斥ける。バラモンよ、定めが存するのであるから、これが(目ざめた人々の)生活法なのである。

82 全き人である大仙人、煩悩の汚れをほろぼし尽し悪い行いを消滅した人に対しては、他の飲食をささげよ。けだしそれは功徳を積もうと望む者のための(福)田であるからである。

「では、ゴータマ(ブッダ)さま、この乳粥をわたしは誰にあげましょうか?」

「バラモンよ。実に神々・悪魔・梵天とともなる世界において、神々・人間・道の人・バラモンを含む生きものの中で、全き人(如来)とかれの弟子とを除いては、この乳粥を食べてすっかり消化し得る人を見ない。だから、バラモンよ、その乳粥を青草の少いところに棄てよ、或いは生物のいない水の中に沈めよ。」

そこで田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャはその乳粥を生物のいない水の中にうずめた。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif china.gif
Re:   阿含 と アーガマ   えび天サンバ 2016/10/07(Fri) 01:46 No.53797

>阿含宗は 仏教を名のります

昔、京都花山にある阿含宗の本殿に詣でたことがありましたが、たいそう立派な御殿だった。桐山靖雄と麻原彰晃は同じ先生に就いていたことがあって、それは御室仁和寺の小田慈舟という先生です。僕はそれを彼らの弟(おとうと)弟子に當たる人から聞いたことがあります。仏舎利崇拝をしている阿含宗は、お釈迦さんが本尊なので、同じような新興宗教である真如苑とも、大層近いように思われますね。立川武蔵式に言えば、両者共に仏教密教の新興宗教ということになるでしょう。

お釈迦さんを拝みたい場合には、釈迦如来大呪というマントラもありますね。短いマントラもありますが。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif mouse.gif
Re:   阿含 と アーガマ     春間 則廣   2016/10/07(Fri) 20:38 No.53797


> 京都花山にある阿含宗の本殿に詣でたことがありましたが、たいそう立派な御殿だった。

京都花山に、たいそう立派な御殿 があったのは分かりました

阿含宗の本殿に詣でたこと   は   分かりません

ただし
あなたの  詣でる ということ(心の起こしよう) が
いろいろなことに
等しく起きているのだなとはわかります

それは 汎神論的(アミニズム)であるという見方が成り立ちますが
仏教は それを認めません

もっとも
認めるモノを仏教と呼ぶことは
オームが 仏教であると 言われることに同じで
呼ぶ者 の 「言論の自由」 です

聞きづて で 確かめられていないことをいうのではなく
「 阿含宗の研究 」 でも 読んでみたらどうですか ?

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif china.gif
Re:   阿含 と アーガマ   えび天サンバ 2016/10/10(Mon) 23:21 No.53797

>仏教は それを認めません

君が解釈している仏教のことなんだろうね。相変わらずとてもマニアックだなぁ。

>「 阿含宗の研究 」 でも 読んでみたらどうですか ?

ハハハ。まさか。君が読んだというのなら、感想文でも書いてみたまえ。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
719784  シャネル ファンデ ツヤ肌 ファンデーション 2017/01/24(Tue) 17:04 No.53797

新しいサイトのオープンについて
この度、お客様にもっと安心してお買い求めいただけるように新しいサイトを立ち上げました。
新しいショップ名は、「ミラクールゴフル」ー
メールアドレス
タイトリスト、テラーメード、キャルウェイなどブランドゴルフ勢ぞろい、キャリーバッグからウェッジまですべて提供しております。
本日より、オープンいたします。
オープン記念セールのキャンペーンコードは以下のとおりですので注意してみてくださいね!
1.オープンセール中に、メール認証会員登録をされたお客様には今年中、全商品送料無料とさせていただきます。
期間中の購入にかかわらず、会員登録されたお客様全員が 対象となります。
2.累計金額2万円以上お買い上げの方は、ゴールド会員として、全商品5%引き。
累計金額5万円以上お買い上げの方はプラチナ会員となり全商品8%引き。
累計金額10万円以上お買い上げの方はダイヤモンド会員となり全商品10%引きとなります。
3.毎月の新商品はメールマガジンあるいはインスタグラムにてお知らせしますので、
チャンスをお見逃しなく!前もってご予約の方には優先発送いたします。

以上、引き続き皆様のご支援よろしくお願いいたします。
当店は今後も、最新で良品質の商品をお届けできるよう努力してまいります。
ニューサイトについてのご質問やご意見がございましたら、改善していきたいと思いますので、お気軽にショップのメールアドレスまでご連絡ください。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
[url=http://www.gowatchs.com/brand-258.html]シャネル ファンデ ツヤ肌 ファンデーション[/url]

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
467772  ブルガリ チョコ 2017/06/16(Fri) 00:08 No.53797

弊店では信用第一主義を徹底しており社員全員下記の方針のもとに頑張っています。
1.不適合品を入荷しない。
厳しく受け入れ検査を行い、お客様に満足いただける品質のいい物だけを入荷する。
2.不適合品を出荷しない。
出荷前に細部まで二重確認を行い、お客様からご注文頂いた商品を納期通り出荷する。
3.お客様からのクレームゼロ
お客様第一主義を徹底し、お客様からのお問い合わせ、苦情等に対して積極的かつ丁寧に対応いたします。
<a href="http://www.fujisanwatch.com" >ブルガリ チョコ</a>

res-4.gif res-3.gif
はじめまして  村岡 2016/10/02(Sun) 19:38 No.53794 [返信]

村岡と申します。ご著書「ブッダ論理学五つの難問」を拝読させていただいた後、「ブッダと龍&#28557;の論理学」「龍樹と語れ!」「龍樹造『方便心論』の研究」を購入しました。私自身は阿含宗という教団に所属しており、仏法を正しく捉える事が出来るよう必死です。管理人様のご著書は素晴らしく、これまでの私の仏法に対する認識の領域を超えた見解をもっており、私の信仰の向きを修正していただけるものとして受け取っています。ご活動に感謝しています!

master.png res-5.gif res-1.gif res-2.gif
Re: はじめまして  管理人エム 2016/10/03(Mon) 06:18 No.53794

村岡さま 初めまして。

拙著をお読みいただいて、ありがとうございます。
また、他にもたくさんの書をお買い求めくださって、ありがとうございます。

仏法は、論理的であるとよく言われます。その「論理的」といわれる中身を知ろうと、精進しています。
まだまだわからないことも多いので、これからも精進していきたいと思って1ます。

ご丁寧にありがとうございました。

res-4.gif res-3.gif
 ?? ちゃん  大乗だよ      春間 則廣   2016/09/28(Wed) 14:02 No.53791 [返信]


あなたが 真剣に 涅槃は存在する
これこれ こういう経に このように記述がある
と 言ったところで
わたしは
どれどれ  
どこで残されている どういう経緯をもって 今日にあり
誰の翻訳で だれが そういう内容だと読んでいるのか  と 尋ねる


しかし
浜辺で 子供たちが 戯れに (波にすぐ崩される 砂の)塔を作っても
それによって  仏は
 わたしに   供養ということを教えてくれている と知る
誰が なぜ 仏 かは  あなたが決めることができるのなら
わたしが決めることの根拠を失わない

あなたが決められないのなら  わたしが決めてあげる


あなたが いくら頑張っても
頑張りが起きる  起こさなければならない  あなたの現実である
あなたの立つところは 決して変わらない

反対に
あなたが いくら怠けようと
あなたを 救いたいと  願う 「願」 が  ある限り
あなたが 先の 場所と 同一のところに 行を積んでいても
あなたは必ず 仏となる 

いくら あればよい と言っても
いつかは 成仏する といっても
あなたは納得できない

あなたが納得しないことは 真理ではないから 、、、、
言い換えると 真理は あなたの納得下に 存在するのみ

そうである と そうであるという言語を発する

その “そうである” が 何を指そうと そうであるということは あなたが決する


お久しぶりです  たろ 2016/09/18(Sun) 08:48 No.53778 [返信]

管理人エムさま

おひさしぶりです。たろと申します。

以前結婚をご報告してからはや3年が経ちました。僕もあと3年でリタイヤする予定(といっても経済的に年金出るまでつなぎで働く必要はありますが)となりました。

あれから年齢的に子供のできない我々夫婦のもとへ、チャコ(ラグドール♀)というネコがやってきました。ついこないだ1歳になりました。

チャコが猫じゃらしを咥えて鈴をシャンシャン鳴らしながらやってきて、目の前でポトンと落として一言「にゃ〜」といって座り込むのをみると、たまらなくかわいいです……(^o^)。

久しぶりに訪れましたがここが変わらずあることに嬉しさを感じました。ありがとうございます。

master.png res-5.gif res-1.gif res-2.gif
Re: お久しぶりです  管理人エム 2016/09/18(Sun) 10:10 No.53778

たろさま

ほんとに、おひさしぶりです。
ご結婚のお知らせをいただいて、はや3年ですか?!

どうなさっているかな、って、先日ちらっと思っていました。

ご家族が一匹増えて、なによりです。チャコちゃんとおっしゃるのですね。
姿が見えるようです。「遊んでよぉ〜」って、言っていますよね。
可愛い盛りですね。

いつまでもお幸せに。
ほのぼのします。

ここも、確かに変わりませんね(笑)。昔のホームページって感じですよね。
いつでもお待ちしています。

res-4.gif res-3.gif
mouse.gif res-5.gif res-1.gif res-2.gif
Re: お久しぶりです   春間 則廣  2016/09/18(Sun) 10:19 No.53778


嬉しさを
変えずに ある
 というところ を 存在させる

ここがある
ということ と
嬉しさを見出す  ということ との間には
関連は見いだせますが
全く独立した事象です

その嬉しさと呼ばれるものは
あなたに起きる事象で
その事象に 対面して(対面する者は)
 それぞれ
自らのモノという 事象を見出します

わたしは 嬉しくはありませんが
嬉しがられる ブログ が  あると 喜んでいます

キキメンメン

キキ は メンメン に ある

どういうキキかは キキ方で決める

リクツニスギナイ
トイウ
リクツヲキク

( 誰がどう聞くかは聞く者によって決められる )


res-4.gif res-3.gif
確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒    春間 則廣  2016/08/21(Sun) 21:38 No.53762 [返信]


> その時の詳しい内容は今ここに思い出せませんが

正しく知りたければ、その時の文章を、正しく引用してください
世間において、顛倒なく 理解できるように、工夫して 語ります

> 法華経は 菩薩のために解かれている経典です 
  (そのことも、法華経 譬喩品第三 に 説かれています)
  菩薩になりたいと発願しなければ、顛倒します

わたしの語りは 経ではありませんから、
菩薩ではなくとも、顛倒なく知ることができます

>> その人は東京大学仏教青年会の委員長

だれであろうと、菩薩でなければ、顛倒しています
経に どう説かれているかは 菩薩だけが知ることです

>> 「機根にない人に経典を紹介すると紹介した人の罪になる」

罪にはなりませんが、起こしたこと(因)には 果が起きます
罪かどうかは、(顛倒にある)人が決めることではありません

どのような罪にあっても、必ず 成就すると 法華経には説かれています
( それを 顛倒するものを 凡夫 と 呼びます )


res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   みどり 2016/08/22(Mon) 09:54 No.53762

春間さま、ずいぶんと時が経った内容で恐縮いたします。

このお気楽掲示板でしたので、もはや元の文章は残っておらず、そのまま引用することはできないのですが、話の内容を覚えている限りにおいて正しく書いてみます。

こういう話です。

わたしは大学に入学したばかりの18歳の時、一回り以上年上の東大で中村元氏の元でインド哲学を学んだ人と知り合い、深く付き合い始めました。その人は自身が仏神への信仰者であることをわたしに告げていました。

やがて、わたしとわたしの父との関係が悪化し、わたしの父は深く悩み、ある密教行者であった老人の元を訪ねました。

その老人は父に『父母恩重経』を示し、「こういうものを一度読んでみたら良いでしょう」と言いました。

その話をその東大で学んだ人にすると、

「そんなん、機根にない人に経典を紹介すると、その人の罪になんで!!」と叫んだのです。

わたしは{どうやって相手が機根にあるか、ないかを知ることができるのだろう??}また{そんなことで罪になる仏教というのは何かとてつもなく恐ろしく暗いものだなぁ・・・}って驚いたのです。

ずいぶんと経ってからですが、そのようなことが本当に経典に書かれてあるかと疑問に思い、その時、この場をお借りして、皆さんに質問させて頂いたのです。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif mouse.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒    春間 則廣  2016/08/22(Mon) 11:32 No.53762


> その老人は父に『父母恩重経』を示し、「こういうものを一度読んでみたら良いでしょう」と言いました。

良いかどうかは、
読む人の生に起きること  ですが
生は 人と 共に あることによって 成り立ちます

「 善なることのすべては よき人(友)と 共にあること 」 である と
釈迦牟尼 が わたしに 説いています

だれと、どう  共にあるかは 釈迦牟尼が知ることです

言うものが 顛倒し、聞く者が 顛倒する
顛倒を(いくつも)重ねても、一つの顛倒です
人は、 「世間」 において 顛倒 する

仏は 世間におわすのではなく 仏世界におわす

> その話をその東大で学んだ人にすると、

学ぶところ に あなたが こだわりを持つことが この文からわかります

どこで学んでも、 人の生に起きていることを 人の生を通して 学び 習い重ねる

他人が 学ぶことに より、
自分の学んでいることが 決定するのです
( “ 他人=聞く人 ” が どう聞くか ということにより、聞いたこと=言ったこと が 決められる )

この変化を、“学ぶ” から “聞く” へと 、
 自分で 展開しなければ 何が言われているかは 理解できない

> 「そんなん、機根にない人に経典を紹介すると、その人の罪になんで!!」と叫んだのです。

誰がどういったかではなく
自分がどう聞くかです

> わたしは{どうやって相手が機根にあるか、ないかを知ることができるのだろう??}また{そんなことで罪になる仏教というのは何かとてつもなく恐ろしく暗いものだなぁ・・・}って驚いたのです。

暗い面は 明るい面がなければ 存在できません
どの面を見るかは
あなたが決めることです

決めた面に、 あなたの人生を展開するけれど
釈迦牟尼 は 仏世界にそれが展開されていることを 説き示す

仏世界 には 面はありません
面は 平面 という 二次元・三次元 の (理解を通しての、「世間」に起きる) 世界です

「 永遠 」  は 仏世界 に おいて 展開している 「 即今 」 です

・ 

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif mouse.gif
善 道の半ば     春間 則廣  2016/08/22(Mon) 11:51 No.53762

> 「 善なることのすべては よき人(友)と 共にあること 」 である 

参考 仏書を 揚げておきます

増谷文雄 「阿含経典による 仏教の根本聖典」(大蔵出版)

149p に サムユッタニカーヤ 45-2 からの引用があります

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   みどり 2016/08/22(Mon) 13:44 No.53762

>この変化を、“学ぶ” から “聞く” へと 、
 自分で 展開しなければ 何が言われているかは 理解できない

その人はこう、わたしに言いました。

「わたしの話を聞いたなら、君は、すでに行動していなければならないのです」と。

そして、やがて、こう言い出しました。

「そんないろいろと思い悩むより、バイトをしてお金にするほうが、ずっと生産的だと思うのです」と。

そうして、わたしは、わたしの理解できるところを行っていったわけです。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif mouse.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒    春間 則廣  2016/08/22(Mon) 16:25 No.53762


> >この変化を、“学ぶ” から “聞く” へと 、
 自分で 展開しなければ 何が言われているかは 理解できない

般若心経の 「 受想行識 亦復 如是 」の “亦復” ということです
色不異空空不異色色即是空空即是色  に あてはめて、 
すべて 検証 認識するということです

> そうして、わたしは、わたしの理解できるところを行っていったわけです。

理解できると  した  ところを  行っていった(行っている)のです

あなたがそうすれば、そう(したので)である  
そうして  ということ の “そう” は
あなたが    そう 決めたこと    でしかありません

どうなされる か (行動の如何) は
あなたにも、 彼にも 理解できていません

彼の話が 彼にとっての  どういう話かということさえ
彼には理解できていません
(理解しているつもりと、できているとの間には 顛倒が置かれています)

他人ごとではないのです


res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   みどり 2016/08/22(Mon) 17:29 No.53762

六一 道を行きて、己より勝れたる人又は己に等しき人に逢はずんば寧ろ獨り行きて誤らざれ、愚者の伴侶とすべきなし。
(法句經 荻原雲來訳)

この経文は、初めて触れた仏教の教えでした。
その人から示されたものでした。
とても、インパクトのあるものでした。

しかし、自分より遥かに優れた人が、この経文とは異なって、何故、わたしを旅の伴侶とするのか?うっすらとした疑問を持ったのを覚えています。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   みどり 2016/08/22(Mon) 18:39 No.53762

「君を先に進めてあげようと思って」という言葉を覚えています。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   みどり 2016/08/23(Tue) 07:54 No.53762

春間さま、いろいろとご教授頂きまして有難うございました。

お教え頂きました経典、確認させて頂きます。
有難うございました。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   みどり 2016/08/23(Tue) 12:07 No.53762

すみません。春間さま、ここの部分ですが。

>彼の話が 彼にとっての  どういう話かということさえ
彼には理解できていません

話すその人の頭の中に、何か具体的な目的があったなら、その目的が、目の前に達せられれば、そこで、その人は、わたしに、どういう話をしたかということが理解できるのではないでしょうか?

相手に積極的に働きかけ、そして、その結果を見て、自分の働きかけを判断する、そういう思考法の持ち主だったように思います。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif mouse.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒    春間 則廣  2016/08/23(Tue) 16:19 No.53762


>> 彼の話が 彼にとっての  どういう話かということさえ
彼には理解できていません

> 話すその人の頭の中に、何か具体的な目的があったなら、その目的が、目の前に達せられれば、そこで、その人は、わたしに、どういう話をしたかということが理解できるのではないでしょうか?

あなたは、話そうとする 動機(目的)を持って、
話を組み立て、話すわけです

達せられるかどうかは、
相手の 反応による、相手の領域です

人の生きる目的は 人が知ることではありません

人は、 これこれ が 目的 である と 決めることを妨げられません

決めた “こと” が 、
「真理」 か どうかは 決める者の領域にはありません

すべてのことは、真理につながって、そのつながり をも 真理とします


> 相手に積極的に働きかけ、そして、その結果を見て、自分の働きかけを判断する、そういう思考法の持ち主だったように思います。

そのようなことは
だれでも行っていることです

どう行っているかの、絶対的価値 は
絶対=真理 に よることです

価値を置くことが すでに 真理に外れます
外れたことに対しては、外れようを基にして、外れ方を云々できる
それが、 「裁く者は、その裁きによって、裁かれる」 ( マタイ福音書7:2 )という意味です

裁かれることは 真理ではありません
(この書き込みを 裁く=商量する とき、この書き込みは 真理として存在していない)

そこにおいて、
空海が 何故 風信帖 で 仏恩について 返り点を打つのかが わかるわけです


res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   みどり 2016/08/23(Tue) 17:19 No.53762

>価値を置くことが すでに 真理に外れます
>外れたことに対しては、外れようを基にして、外れ方を云々できるそれが、 「裁く者は、その裁きによって、裁かれる」 ( マタイ福音書7:2 )という意味です

その人は、わたしに対して、

「その時は遅いでぇ!!!」と叫んだのですが、それは、真理から外れる行為だったわけでしょうね。真理にあって。

「真理」という言葉を口に出した者は、必ず、意味ある検証がされるのでしょうね。

そう理解しました。

「顛倒なく人の生を学ぶ」

そういう言葉が出てきました。

有難うございました。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif mouse.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒    春間 則廣  2016/09/17(Sat) 08:26 No.53762


> 外れたことに対しては、外れようを基にして、外れ方を云々できるそれが、 「裁く者は、その裁きによって、裁かれる」 ( マタイ福音書7:2 )という意味です

この意味を
とり違うこと が できます
(とり違いの片方は)

外れた  とは  そのようにある  という意味
外れようを基にして とは   そのようにある 
 と    判断する    という意味
外れ方 を云々する とは  上の判断 の 顛倒
    その思い違いの構造を 
(思い違いを保持する者に対して)
    裁く指摘の 構造として 裁かれる 

ということです


裁かれるものは 常に 思い違いにあるとは 思いません
思わないから
思わないこと に対して 思うように 裁くわけです

この文章によって、
裁かれるモノが 起きますが
それが わたしの構築する 考察です

ソノモノ を ソレ とみるか コレ とみるかで
分別が起きています

分けるときには 偏によらずに 分けることはできません

( これが、 世間においての 「中道」 の 位置するところです )


res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   みどり 2016/09/19(Mon) 12:09 No.53762

>「その時は遅いでぇ!!!」

その言葉は

「泣いても、笑っても、その時は遅いでぇ!!!」でした。

その人は「自分と切れる時に「ピン!」と音がする感じがする」と、よく言っていました。

わたしは「ガシャ!」と電話の切れる音を聞きましたが、どこか、胸の晴れる思いがいたしました。

お教え頂いた経典を確認いたしました。
有難うございました。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif padma.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   おちゃらけ 2016/09/19(Mon) 13:31 No.53762

ヨコレスにて失礼します。

> 「泣いても、笑っても、その時は遅いでぇ!!!」でした。

> その人は「自分と切れる時に「ピン!」と音がする感じがする」と、よく言っていました。

似たようなことが起きたことがあります。

過去に「オレの言うことを聞かないと(信じないと)とんでもないことになるぞ!」と(表情と剣幕で)脅されたことがあります。

ちゃんと「話を聞いていました」が、ハハァ〜まったくごもっとも〜と「話の内容を認める」そぶりをみせなかったからだろうと思います。

「(社会的地位のある)工学博士からもオレの考えは認められているんだ」とよくよく「自慢」する方でした。

他の評価によって自分を量る人なんだな〜と思っていたせいなのか、(状況的にすぐ去ることができないこともあり)随分とハデに(一対一ではなく人前のみで)いじめられました。

他とは「その他のなにか(自分で確認できないこと、推測の領域)」であるから他なので、他を依り所とするのは蜃気楼の中に住むようなものだと思います。

となると、「(話を聞いた上で)話が通じない私」に「とんでもないことになる!」と言った人の罪になるというよりは、言った人に還ったということだと私は「推測」しています。推測で言うのは罪を「決めるのは私ではない」ので。

「他に起きたもの」は「他に還元(換言)される」ということなの「かも」しれません。(もう会うこともないので確認は不可能です)


自分自身で確認できる事実として、私にとんでもないことは起こりませんでした。(確認と推測は違う話)

「この話」は「これで終わり」です。

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif boy1.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   みどり 2016/09/19(Mon) 16:20 No.53762

おちゃらけ さま

貴重なお話を有難うございました。


res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif mouse.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒     春間 則廣   2016/09/26(Mon) 10:15 No.53762


今日  読みました


>  「(社会的地位のある)工学博士からもオレの考えは認められているんだ」とよくよく「自慢」する方でした。

社会的地位は 論(考え)の正当性を 保証しません(担保しません)
不当な考えが その地位を 保全している 
  “ こともある ” からですが、そうでないこともあります(ありました)

空海などは いわゆる 社会的地位を 与えられていました
本人が それを どう 許容しているかは 別の階梯として

「自慢」 と 見るか、 通用させなければ、社会が成り立たないのかは
切り離せません

>  他の評価によって自分を量る人なんだな〜と思っていたせいなのか、(状況的にすぐ去ることができないこともあり)随分とハデに(一対一ではなく人前のみで)いじめられました。

自分の評価によって 他を量ることとの  本質的違いはありません

言うことを聞かない 、
 聞かせたい “気になる” 相手(特に異性) に 対しては
よくおこる 現象です

一対一は 対一 が 許容して 起きます

人前で ののしられる とき 、 気になる人は あなたの後ろに居ますか ?

あなたが 正しい認識を持っているのなら、
正しくない認識の下では、正しいとされません
正しい認識にある人は 正しいと言わなくても 正しいと知ります

気にする “こと” が、 すでに “ 社会的地位 ” です

気にするな と言う 方が 難しいことをいうこと に なりますが、
そこを正しく 知る者は 歴史上でも 決して多くはない

人の目を気にするから
自分という“人” の 目を気にする

人のめがねにかなうように 成りたい
正しいことを正しいと知る者になりたい
知ったことが行いにあると確認できる者になりたい

成りたいようになりたい  という構造は 全人類の共通事項です
( したくないことは したくない  これをしたい )

>  とは「その他のなにか(自分で確認できないこと、推測の領域)」であるから他なので、他を依り所とするのは蜃気楼の中に住むようなものだと思います。

自分というものが あるのかないのか  という 問題まで行き着きます
行きつかせて、吟味して、 考える自分は 存在する
 そういう 基盤はあるのか ?

自己を洲とするとき 洲は 自己であると言えるかどうかを
自己の問題としてとらえると
自己はない  という ことが 身に染みてくることもあります 、、、、

染みて 染められるのは ダレノミ ?


>  となると、「(話を聞いた上で)話が通じない私」に「とんでもないことになる!」と言った人の罪になるというよりは、言った人に還ったということだと私は「推測」しています。推測で言うのは罪を「決めるのは私ではない」ので。

決めてはいないと 決めていませんか ?

>  「他に起きたもの」は「他に還元(換言)される」ということなの「かも」しれません。(もう会うこともないので確認は不可能です)  

会う  ということを  枠の中での出来事ととらえると
枠を外す 「 永遠 」 という 遠さに  及ぶことはできません

会っていても 理解しなければ 会っている意味はありますか ?
理解の仕方が 偏によっていれば、 
偏であろうと 変であろうと
“わたしのモノはわたしに所属する” と 言い張りますか ?

>  自分自身で確認できる事実として、私にとんでもないことは起こりませんでした。(確認と推測は違う話)

わたしに起きなければ 誰に起きてもいいんですか ?
起きてもいい人と、いけない人との 揀択は 正当ですか ?

悪いやつは 悪いと 知らないから 悪いということを 顛倒しているだけです
顛倒しているということに 多寡はありません
種類によっては 顛倒も 許容されることもあるのですか ?
( もし許容されるのなら、それは 顛倒ではなく、 理解の一つ  です  )

>  「この話」は「これで終わり」です。

終わりといえば 終わらせる 
“ わたしの人生だから
    わたしが決めたとおりに わたしはわたしの行いを許容する ”


なんか、 同じ構造が 見え隠れするのは わたしの顛倒ですか ?


res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif padma.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒   おちゃらけ 2016/09/27(Tue) 02:24 No.53762

> なんか、 同じ構造が 見え隠れするのは わたしの顛倒ですか ?

同じ構造 は おおよそ 同じ?

res-4.gif res-3.gif
res-1.gif res-2.gif res-6.gif mouse.gif
Re: 確認 No.53738  『法華経』 と 顛倒     春間 則廣   2016/09/27(Tue) 05:30 No.53762


>>  なんか、 同じ構造が 見え隠れするのは わたしの顛倒ですか ?
>  同じ構造 は おおよそ 同じ?

同じと いう時  同じでないことがあれば
同じではありません

おおよそ同じ  
という 違い  
を 明かしたい

明かしたいと言いながら、同じ間違いを起こすとき
少しは違うと 言い訳にすることもあります

構造は 同じです
その構造が同じことが 人としての 基盤で
人が平等である根拠です

釈迦牟尼とわたしは 同じ根拠で 同じ認識能力で 違う認識を構築します
そこに違いはないと 「 平等 」 を 教えられますが
違うから、平等が起きるのです

違うから 平等である  というのは
色即是空と空即是色の関係に同じです

どう同じかは 違うと知らなければ 同じが起きない
同じと知るには 違いが、ほとんど同じと見えるところに
ある   と      知らなければ成り立たない

もうすぐ到着  とは  まだ到着していないという意味です
目的が、到着であるのなら
目的の達成には いまだ至らない  ということです

あと一歩で 完成と あと一歩のところで 元の木阿弥 とは
同じ場所において
必ず成り立ちます
だから、精進(ヴィリヤ)が 言われることなのです

信心銘
「 毫釐も差有れば 天地懸に隔たる 」

どこまで行っても 未完成だから、行く意味が見いだせる
何処に居ても 完成があるから 行く意味は見いだせる
そこに行くという 完成が見出されているから 行くという精進が起きている
精進が完成で 精進するから 完成は 破壊されないのです

出来ていないことを見るのではなく
出来ていないことを見るから 行く気が起きる
前向き  とは 「 願 」 の 方向です

おでこを 下に向けても 前( 「願」 )に 向けても
今いるところに変わりはありません
誰でも 「平等」 にあり
誰でも 今いるところに 居ます
今いるところに 差別はありません

至道無難 唯嫌揀択
  だれでも 道にある 誰でも道にあることはた易くできる
簡単に済ませたいという 揀択 を 起こせば
無難ではなくなる という意味です
簡単なことを 簡単にする 簡単なことです
簡単ではないと 簡単ではないことを揀択するものは
簡単なことを 難しくする

助け(合い)たいという思いは 簡単に起きます
助けることによって、た易いことをできるように助けられているのです

助けることには 相手が必要です(互いに相手を必要とします)
双方の メリットが 平等です
居るモノを見出すのといるモノを差し出すこととは 縁起します
あるとない とは 縁起しません

あるとある  そのあること二つが 縁起するのです

あるとないとは 同じです
ほとんど同じではなく
少しは違うのでもありません

諸仏 とは 唯仏 が 与仏 ということにおいて成り立ちます
乃能究尽 とは  与仏 において 起きます
唯仏 には 究尽 は ありません
究尽と認める与仏が必須なのです

あと一歩の処に あと一歩の 仏 が おわす
あと一歩と 認める仏が おわす
か どうかは
何を 仏 とするかで 決められる

あなたが決めるあなたの仏

正しく決められるものを 仏 と 呼ぶ
(決められる者が 
 決める者だったり 決めることを決める者だったりする)

違うということを 正しく規定できますか ?


res-4.gif res-3.gif
 自にあって 他にないものは ない    春間 則廣  2016/08/03(Wed) 09:23 No.53754 [返信]


他にある所のものは、ありように沿って、自に起きる

******

『サンユッタ・ニカーヤ』35-23(PTS Text,Vol.W.p.15)



並列して並べられていますが
  > 身体 と 触れられるもの とであります
体には 目耳鼻舌 があり
触れるときに 触という(触れられるもの に 対しての) 意(識)が起きます
(その起きた)識を さらにどう識するかは、 識を表出させる状況に応じます

> 比丘たちよ、何が<一切>なのでしょうか。
・・・・・・
> 心と法(思うこと)とであります。

・・・・・・・・・

目耳鼻舌意 は 
( “ 新たに ? ” 起こされた意識によって)意識 されることにより
 “識別”  に 上がります 

> もし人が、『わたしは、この<一切>を捨てて、別の<一切>を設定して説きましょう』と、このように言うならば、それは、ただことばの上でのことになるだけです。

言葉は、意の上に起きます
言葉の上には 意はありません
意の上にあるから、言葉(の上)に意が起きているように顛倒するのです

意 は 新たに起された( 自他 ?) の 意によって
 “思うがままに” 識 別  されます

> 認識の領域ではないものにおいては、そうなるしかないのです

認識の領域にないものは 認識できず
認識できないことを “ない” と 分類して 「空」 の 領域で 識別します


如是我聞 ではない スッタ には 小乗の 聞きよう(顛倒) が “必ず” 存在しています

自他 がないのに 他を 起こす
他が、自においての認識にしか 存在しないのに
自に起きるしかない “他” の 意識を
(自を見失って) 他に帰属させて (言・意 の場合のごとく)起こすのです

翻訳の問題でもありますが
聞いたことを残すものが、顛倒に 自らを囲い込んで
「 洲 」 に ないところで、「聞く」 を 起こすから
起こした 「妄」 が 「果」 のごとく  結実する(?)わけです
( 果 は 妄 から起きません  カラ 世間“虚仮”に起きるだけです )


記事No 削除キー

- Honey Board -