[戻る]
過去ログ [ 0021 ]
過去ログ:   ワード検索: 条件: 表示:
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 |
Re:[10291] 「まやかし」の言葉 投稿者:みどり 投稿日:2017/06/25(Sun) 19:00 No.10294

> あなただけは 例外ですか ?
>
自分だけは例外としたのはその『まやかし』本人でした。

自分は例外だとしたので、『まやかし』になったのでしょうね。

Re:[10288] とある参照的参照 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/06/25(Sun) 18:09 No.10292

おちゃらけさま

> 今度の中論本の冒頭偈にどうでしょ?

お! そうしてみます?

>  空はなんにもしらないよ

このことばを借りて冒頭に出したら、みんなぱたっと本を取り落としそう

誰も知らない、藍より青い空のなぞ。
だけど、どこかで聞いてる知っている
空の空は、あなたとわたし
縁起するのは、あなたとわたし

お、返歌に、変歌が。。変な癖がついちゃってとまらない。。

> ホントに「自己を空っぽにするよう努力する」ってな意味で「空っぽ」という語を使われたのかどうか?

たぶん、‘ことばが空’になってるとき、自己も空っぽになってると思うな。
ことばが出てくるとき、必ずことばは何らかの形で使われる。
ことばが空になって使われるなら、その行いも空だから、自己も一緒に空になる。

空のことばと空のわたし、その時、ことばは、縁起する。五七五

Re:[10290] 「まやかし」の言葉 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/06/25(Sun) 18:01 No.10291


> > どうして 失敗も 成功も ない  と なるか 分かりますか ?

> 分かります。それは「失敗」の定義によって違うので、「失敗も成功もない」
> となるのでしょう。

定義によって 変わるのは 定義 です
同様に定義しようと 「行」 は変わらず 「無明」 にある限り 「行」 は 「業」です

善行 か どうか  は 智者のみ知る


思いは 変わらないけれど
  思い 用  は 用い方で 
  変わり様  が ある
様 は 一つですが それを 心に どう 用 と するかは いくらでも変えられる

> わたしの問は、「人生には失敗も成功もない」と言った人に『まやかし』
> が、何故、「俗物だ!」と言ったか?ということです。

「まやかし」 で 『まやかし』  を 定義する

> 人生は定義によらないものなのに、

これが 定義 です

> 定義によって違うものを当てはめたので、

定義によるとき 定義 に則る 定義がある
違うものは 定義にもとる
定義に沿って当てはめれば、 定義上は  正しいことと 定義される

> 「俗物だ!」と言ったということでしょうか?

この世には 「俗物」 以外は 存在していない
存在していようと
俗物  には  分かりようがない

あなただけは 例外ですか ?

Re:[10287] 「まやかし」の言葉 投稿者:みどり 投稿日:2017/06/25(Sun) 17:29 No.10290

> どうして 失敗も 成功も ない  と なるか 分かりますか ?

分かります。それは「失敗」の定義によって違うので、「失敗も成功もない」
となるのでしょう。

わたしの問は、「人生には失敗も成功もない」と言った人に『まやかし』
が、何故、「俗物だ!」と言ったか?ということです。

人生は定義によらないものなのに、定義によって違うものを当てはめたので、
「俗物だ!」と言ったということでしょうか?

イイワケ 投稿者:おちゃらけ 投稿日:2017/06/25(Sun) 14:33 No.10289

いまだはっきりわかんないんですけど

エム先生は「ことばは空っぽ」という意味において使われていると思ってたんです。
ホントに「自己を空っぽにするよう努力する」ってな意味で「空っぽ」という語を使われたのかどうか?ってことなのでした。

マジで主語と指示対象がわかんなかったので、
使ってないことを使ってないひとに使うなってことが言いたいことなんでしょか?って何回も聞いてしまったのでした。失礼しました。

Re:[10279] とある参照的参照 投稿者:おちゃらけ 投稿日:2017/06/25(Sun) 14:26 No.10288

エム先生

おー、詩の形式ですか。
今度の中論本の冒頭偈にどうでしょ?
偈とか詩の形式は形式が空ですね。
なぜなら、詩(うた)はことばを使うから。
ひとり詠んでも誰かのために唱うから。

そういえば、むかしむかし、
『水は答えを知っている』という本がありました。
『水はなんにも知らないよ』という本が続いてでました。
どちらの本も今も流通してます。
私のアタマの中にふぃっと浮かんだので返歌で変礼

> 空は誰でも使ってる。

 空はなんにもしらないよ
 朝夕 呉藍、昼は藍、ときどき雨のち曇り晴れ
 ときたま思惟(しゆい)、ほとんど思惟(しい)
 為るモノ、思惟を通せばあるに生る

Re:[10286] 「まやかし」の言葉 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/06/25(Sun) 14:16 No.10287

> だけど、今のわたしは、確かに「人生の失敗はある」と思っている。

失敗はある と 知ったことは 失敗ですか ?

失敗だと 知るから 対応策がとれるわけです
( 失敗だった  と 過去形になるわけです )

対応策は 成功 策です

どうして 失敗も 成功も ない  と なるか 分かりますか ?

Re:[10285] 「まやかし」の言葉 投稿者:みどり 投稿日:2017/06/25(Sun) 13:32 No.10286

> 「人生には成功も失敗もないのです」

だけど、今のわたしは、確かに「人生の失敗はある」と思っている。

Re:[10284] 「まやかし」の言葉 投稿者:みどり 投稿日:2017/06/25(Sun) 13:22 No.10285

> > 「僕の言う通りにすればよいのです。多くの人は、どうしても自分をその中に
> > 持ち込むので失敗するのです」
> >
> > {「失敗」って何を言っているのだろう?}って聞いていました。
>
> 付き合って10年ぐらい経ってのある日、
>
> その『まやかし』はこう言った。
>
> 「君らのお父さんからしたら君らが大学教授になるなんてことは夢にも考えないことでしょう」
> 「でも、今の君らからすると一寸努力すれば叶うことでしょう」
>
> わたしは{そうだなぁ〜父は夢にも思えないだろうなぁ・・・}って言われて初めて気が付いた。
> そして、その後半の言葉には{う〜ん}と考えてしまったな。

梅原猛氏がどこかで「人生には成功も失敗もないのです」と言った言葉を拾ってきて
その『まやかし』はこう言った。

「梅原猛は俗物ですね!」ずいぶんと強い語調だった。

わたしにはどうしてその発言で俗物になるのか?さっぱり分からなかったし、
今も分からずにいる。

Re:[10281] 「まやかし」の言葉 投稿者:みどり 投稿日:2017/06/25(Sun) 12:28 No.10284

> 「僕の言う通りにすればよいのです。多くの人は、どうしても自分をその中に
> 持ち込むので失敗するのです」
>
> {「失敗」って何を言っているのだろう?}って聞いていました。

付き合って10年ぐらい経ってのある日、

その『まやかし』はこう言った。

「君らのお父さんからしたら君らが大学教授になるなんてことは夢にも考えないことでしょう」
「でも、今の君らからすると一寸努力すれば叶うことでしょう」

わたしは{そうだなぁ〜父は夢にも思えないだろうなぁ・・・}って言われて初めて気が付いた。
そして、その後半の言葉には{う〜ん}と考えてしまったな。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 |

- LightBoard -