Magical Board


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[11196] Re:[11195] Rajo haranam 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2019/01/05(Sat) 09:13   [返信]

> 今年の抱負は、『中論』を完全攻略することです。

攻めから
守りに入る

そこは どこから ?

守るモノ は 攻め取ったモノ

すでに得ているモノ は

守る 要
 が あるのかないのか

失うモノが ないとき 守るモノもない
攻め取るモノが すでに身にある とき

その得るモノが 重複できなければ 得てはいけない
重複するのなら 顛倒に起きる

[11195] Re:[11194] Rajo haranam 投稿者:管理人エム 投稿日:2019/01/05(Sat) 06:27   [返信]
苺屋毒蛙さま みなさま

今年もあっという間に5日が経ってしまいました。
速いなあ。

> サムちゃんもダンちゃんもみんな幸せでありますように。

サムは、当然のようにすぐに膝の上に乗ります。
ダンは、やって来ておずおずと膝に手をかけるほどなれました。

7年かけて、ようやくここまできた、という感じです。

今年の抱負は、『中論』を完全攻略することです。

どうぞよろしくおねがいいたします。

[11194] Re:[11193] Rajo haranam 投稿者:苺箭毒蛙 投稿日:2018/12/31(Mon) 16:30   [返信]
マニカナ先生こんにちは

師走のお忙しい時にすいません。
こちらこそ大変お世話になりました。

サムちゃんもダンちゃんもみんな幸せでありますように。

[11193] Re:[11192] Rajo haranam 投稿者:管理人エム 投稿日:2018/12/31(Mon) 11:56   [返信]
苺屋毒蛙さま おはようございます。
今年も1年お世話になりました。来年は、仕事を減らしたいです。

> 次はなぜ見えなくなったり忘れてしまったり冥くなってしまったのか。ということですね。
> 表層は感情なり執着でしょうが、さらに深い理由がありそうです。

なんだろう。。忙しいから。 思いっきり個人的な事情で答えてしまいました。
「忙しい」と思う気持ちは、冥いということをそのまま端的にあらわしているのかもしれませんね。
>
> 関係ないですが、大掃除は良いですね。
> 自分の家であれ、他人の家であれ、公共のところであれ
> 精神衛生上とてもいい。
> 煩悩が減ってくような錯覚は利用しない手はないです。

あ、そうですね。今さらですが、これから大掃除します。
昨日は、戸棚の中を掃除しました。キレイに並べたのに、昆布をだそうとしたら、一瞬でぐちゃぐちゃに。
道元禅師の『正法眼蔵』をお掃除のお手本にしています。『普勧坐禅儀』も、身が引き締まります。お米磨ぐとき、水をあまり使わないようになりました。お米の粒もこぼさないし。
>
> 周利槃特尊者に弟子入りしたい。
> 最強のマントラかも Rajo haranam

うん! 大晦日だけ弟子入りするって、怒られそうだけど。

どうぞよいお年をお迎えください。
一年間、いろいろありがとうございました。

[11192] Rajo haranam 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2018/12/30(Sun) 08:51   [返信]
マニカナ先生、おはようございます。

次はなぜ見えなくなったり忘れてしまったり冥くなってしまったのか。ということですね。
表層は感情なり執着でしょうが、さらに深い理由がありそうです。

関係ないですが、大掃除は良いですね。
自分の家であれ、他人の家であれ、公共のところであれ
精神衛生上とてもいい。
煩悩が減ってくような錯覚は利用しない手はないです。

周利槃特尊者に弟子入りしたい。
最強のマントラかも Rajo haranam

[11191] Re:[11189] vijja vidya 投稿者:管理人エム 投稿日:2018/12/30(Sun) 07:28   [返信]
> 印欧祖語の影響力ってすごいですね

ほんとですね。

> お釈迦様はどういうニュアンスでアヴィッジャーという単語を使われたんでしょうか。

ことばは、バラモン教のvedaから借りているように思いますが、そこに新しい意味を与えているというところがお釈迦さまなのかなあ。

三つのvedaを知ることで、祭式が実行できます。リグとサーマとヤジュルです。
バラモンにとっては、祭式実行に関するすべてがここにあります。
それに合わせるように、三つのvijjaでブッダの覚りのすべてを示したのではないかと思います。

> video,view寄りのような気もするんですよねぇ

そんな感じですね。
>
> 「無明」は良い漢訳語だと思いますが、差別用語を気にしなければ「盲」的なニュアンスもあるのではないかと

ここもそんな感じです。以下が、そんなニュアンスを伝えるかも。

(ブッダのことば)
656 了知している者たちにとっては、三つの明智をそなえ、寂静であって、再生を滅尽した者は、梵天であり帝釈天なのです。ヴァーセッタよ、あなたもこのように知りなさい。

このように言われて、ヴァーセッタ青年とバーラドヴァージャ青年は、次のように言いました。「すばらしいことです、友ゴータマよ、すばらしいことです、友ゴータマよ。あたかも、倒れた者を起こすように、覆われたものを開くように、道に迷った者に道を教えるように、暗闇で「眼ある人は、色かたちを見るだろう」と燈火を掲げるように、このように、尊者ゴータマによって、種々の方法で法が明らかにされました。…
(『スッタニパータ』第3章「大品」第9経「ヴァーセッタ経」)

[11190] あれ 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2018/12/26(Wed) 18:26   [返信]
レスしようといろいろ調べてたら消えてしまった^^;

印欧祖語のBMCA(バクトリア・マルギアナ複合)地域でいったい何があったのでしょうね。
現代の地図だとアフガニスタンとタジキスタン国境あたりのアムダリア川上流部で文化の十字路って感じでもないし。

現象としては、後年のゲルマンやノルマンやイスラムの略奪・破壊とあんまりかわらないようですが。

[11189] vijja vidya 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2018/12/25(Tue) 01:15   [返信]
印欧祖語の影響力ってすごいですね

付録:印欧祖語/weyd-
https://ja.wiktionary.org/wiki/%E4%BB%98%E9%8C%B2:%E5%8D%B0%E6%AC%A7%E7%A5%96%E8%AA%9E/weyd-

http://gogen-wisdom.hatenablog.com/entry/2016/12/16/142150

見る、知る、知恵が多いですね。

お釈迦様はどういうニュアンスでアヴィッジャーという単語を使われたんでしょうか。
video,view寄りのような気もするんですよねぇ

「無明」は良い漢訳語だと思いますが、差別用語を気にしなければ「盲」的なニュアンスもあるのではないかと

[11188]  知る ということ   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2018/12/23(Sun) 09:37   [返信]
11834

12月23日 09:28

>>11829

教えられて知ることは
教える人のモノで、 そこから 一部も離れません

教えられるのではなく
提示されていることの その意味を
自分で 探しだし 掴み切るとき
その手にあるモノが 自らのモノとなります

納得できるかどうかは
提示者の問題ではなく
納得できない者に起きる問題です

> 相手に伝わるように書 ・・・・・・・・・・・・ 不信感

伝わる場合 には
相手の価値観 と 同じではなくてはなりません

その価値観 を 問題とするときには
伝えることは 相手の 価値観・正否 に 反することとなります

「 分かるように伝えよ 」 ということ には
「 俺が分かれば 正しいと認めてやる 」  という “不遜” を 包しています

“ 誰それ は頭 が良い ” と 言う時には  
“ その 頭の良さを 分かる  自分が 評価する 本当のこと ”
という 大前提があります

繋がりますか ?


あなたが 掴んだ時  掴んだことと 寸分たがわなければ
その提示が 正しいこと となります


いかに 危うい道を歩いているかに 思いが至るとき

道元は < 現成公案 > にて
     「 法もし身心に充足すれば、ひとかたはたらずとおぼゆるなり  」
と 教え諭します


分かった 得心した  と 思うなかれ

その 理解・得心  は
今までの 顛倒の上に立っている


[11187] Re:[11186]  あたま 隠して しり 隠さず     投稿者:  春間 則廣   投稿日:2018/12/10(Mon) 07:41   [返信]

> >  その思いは 言葉にあれば 虚仮ですか ?
>   その思いは 言葉にあれば 虚仮なのは 言葉なのか 思いなのか、

思い  という “ ことば ”  の   “ おもい ” であろうと
真理  に   あれば 、  それが  「 真理 」  です

そのとき 「 言葉 」 は  真理のキ に ハ ス

根(源)と 連なり 機 を 育てる

>  言葉を通って真実にいく場合もあるし、いかない場合もあります。

「 真実 」  という 存在がある限り 「 虚仮 」 は 存在している
「 虚仮 」  という 存在がある限り 「 真実 」 が 存在している

( どちらも 存在しないと言う時 どちら にも 存在の 場所が与えられている )

わたしの 言葉を通して 真実に行くことは 決してない
あなたの 思い  だけが  あなたを  真理に結ぶ

おもい は 言葉によって あらしめられる( 存在の洲を与えられる )

「 止観 」 には  言葉はないが
「 止観 」 は   言葉で 顕現する
( 顕現しないと言おうと、思おうと  それは 言葉で為されている )

> 指が月を指しているとき、月に触れる
> 指が月を指さないときは、月に触れない

そういう  思い を  二つ見る時
     ( 縁起 に 触れ )    
       月  に 触れている

触れている 月が
        あなた の おもい
そのものです


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -