Magical Board


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[10396] Re:[10395] 細かい点ですが 投稿者:pocket 投稿日:2017/09/09(Sat) 16:58   [返信]
p.13
> また、月称などの説く『中論頌』とも異なっている点、たしかに問題がある。

は「とも異なっている点も、たしかに問題がある。」
かな?

[10395] Re:[10394] 細かい点ですが 投稿者:pocket 投稿日:2017/09/09(Sat) 16:54   [返信]
> おお、さっそくありがとうございます。
> 秀丸エディタを使って書いているとき、固有のサンスクリットマクロを使っていて、そこを直し忘れていました。

じゃあ次いってみますね
読みながら見つけているので、遅くなってしまうのですが

p.12
> なぜなら、この人、空の相を取らないからである。



なぜなら、この人は、空の相を取らないからである。

「この人は」の「は」が抜けてるのじゃないかな、と

すでに訂正済みだったらすみません

[10394] Re:[10393] 細かい点ですが 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/09/09(Sat) 14:46   [返信]
> p.6の節の題名が
>
> 「「疑いに等しいもの(saMzayasama) ) 」と「説同(var セ yasama) )」
>
> という風に文字化けしてしまいます。
>
> インストールしているPDF ビューワーソフトとFirefox内蔵のもので見てみましたが、両方同じ結果でした。

おお、さっそくありがとうございます。
秀丸エディタを使って書いているとき、固有のサンスクリットマクロを使っていて、そこを直し忘れていました。

[10393] 細かい点ですが 投稿者:pocket 投稿日:2017/09/09(Sat) 09:31   [返信]
p.6の節の題名が

「「疑いに等しいもの(saMzayasama) ) 」と「説同(var セ yasama) )」

という風に文字化けしてしまいます。

インストールしているPDF ビューワーソフトとFirefox内蔵のもので見てみましたが、両方同じ結果でした。

[10392] Re:[10391] 『十二門論』 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/09/09(Sat) 09:06   [返信]
> > http://manikana.la.coocan.jp/twelve/twelveindex.html
>
> ざっと 読みました
> 仮名遣いに 間違いがある

ああ〜ぁぁ、そうですか。
教えてください。よろしくお願いします。


アップしてから、いくつかことば遣いを訂正したり、脚注をつけたりしています。
9月9日中は、まあ、いいかな。明日になったら、「訂正」の月日を入れて訂正します。

> 鳩摩羅什の翻訳については

少し誤解していたかもしれないと思ったりもします。

すごく勘のよい鋭い人だったのだとも思いますが、青目註の影響のもとに見てしまう。。

> 般若波羅蜜多心経 についてのこととして
> 玄ムの翻訳について 空海を含めて 軽く言及したことがありますが
> 別の機会に もう少し詳しく 言及します


お願いします。

[10391] Re:[10390] 『十二門論』 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/09/09(Sat) 08:39   [返信]

レヴィストロース の どの著作  に あったのか はっきりしませんが
フランス語で書いた 論文(著作)   を   
自ら ネイティブ である 英語 に 自らの頭で、翻訳するとき
その難しさを 述べていました

同じ言語族 であって どちらも 母国語 であると言えるほど ネイティブ で
自ら  仏   →  英   に 翻訳しても 
(    仏智  →  英知  )

***********

> 何とか論文をアップしました。
> 二つ書く予定のうちの一つ目ですが、二つ目はいつ書けるかな。
> 頭の中では完成しているのですが、具体的にはいつアップできるかわかりません。

頭の中では すべての事が 完成されています
歩む道に 足下として 具現“化=下” して
完成(実践)を 具現できます

真理は  仏により  仏に対して   提示されて   います
       真理 は  真理  に   ある

頭の中にある  ということは 想像にすぎません
実践にあるとき 文章として 具現化できます
( どのように具現化する か を選択しないと 、 どういう表出かは 顛倒される = 名称となる )

> http://manikana.la.coocan.jp/twelve/twelveindex.html

ざっと 読みました
仮名遣いに 間違いがある

******

鳩摩羅什の翻訳については
般若波羅蜜多心経 についてのこととして
玄ムの翻訳について 空海を含めて 軽く言及したことがありますが
別の機会に もう少し詳しく 言及します


[10390] 『十二門論』 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/09/09(Sat) 07:00   [返信]
何とか論文をアップしました。

二つ書く予定のうちの一つ目ですが、二つ目はいつ書けるかな。
頭の中では完成しているのですが、具体的にはいつアップできるかわかりません。

トップページから行けます。

http://manikana.la.coocan.jp/twelve/twelveindex.html

どうぞ、よろしくお願いします。


簡単に言うと、『十二門論』は龍樹作品で、「観三時門第十一」の内容は、『中論頌』4.9の詳しい注釈として読むことができる、という内容です。
『廻諍論』にある似たような議論は、『中論頌』4.8の注釈とみてもよいだろう、ということです。

青目は、『中論頌』4.8と4.9の解釈を失敗しており、鳩摩羅什も、そこを引きずる結果となって、それが『十二門論』の読みにも影響を与えたと考えています。

中に出てくる論法用語「同疑因」は、鳩摩羅什が、青目註によって改訂したものだろう、と推察しています。
本当は「sAdhyasama(成立すべきものに等しいもの)」が来るべきだという意見を出しました。

[10389] 共産主義 の 復活   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/09/08(Fri) 13:05   [返信]


それがなければ  善 は  顕出しない

顕出される 善が 源である “ 源泉 ”  です
 先 に伝えた “富” の 源泉  → 名称ではない 労働  です

善を 生み出す その 大元が  法雲であり 悪 です
そういう 「縁起」 を 見ることが適うようになると 「 縁起 」 は 支える者を支える 悪一つではなく 他の名称で 知ることも適う

「 風が吹けば 桶屋が もう浮かれる 」

源泉は すべて 法雲 による


[10388] Re:[10387] 共産主義 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/09/08(Fri) 12:54   [返信]
> > 駒沢の身売り に関係していますか
>
> いえ、それは、全然関係していません。
> ああ、そう言えば、駒沢もなくなりますね。
> ということは、駒沢の非常勤もなくなりますね、きっと。

> 駒沢大学は、宗教に熱心な人が多くて、けっこうおもしろく楽しかったんだけどなぁ。

熱心さが 生きざまに つながるように あなたが “自らを” 整える
  その時 そこに
整えること( タターガタ )が顕われ出て 熱心な人に 伝搬する

> でも、暇ができると、論文書けるので、それはそれでうれしいです。

物事 という モノは、名称ですから
「空」 が そこに働きます
働かせると 「空」 は 活動(働く)場所をなくす  ということが 「空」 の 実践(働き)

> > > 対人のところもあるような気がします。それは、論法の用語が出てくるところです。
> > 龍樹 は “ 人ではなく 菩薩です ”

> 菩薩は、姿を変えるので、「人の姿をとる」ことがあります。
> 「空論者」って言われるような「人」に姿を変えているときがあります。

人に姿を変えて 人になれば 菩薩ではなくなります
人をカタル  のは “ カタルニオチル ”

> ものすごく微妙です。論者どおしが、論戦しているように見えるのに、実際には、議論ではなく対話になっている、という、ほんとに微妙な路線を歩んでいます。

真理というモノは 微妙なところにあるから 「 妙 」 になります
掘り下げれば 深さという  “概念” を  殺す

仏典 というモノは 対話者(たち)を通して その奥の真理を示すためにあります

ボサツ と  坐って 居なくて 歩むところ(瞑想)に 機微がある

> こんなことができるのは、龍樹菩薩だけなんでしょうね。

自分がしていても 知る由がない 
  ということを
歎異抄13 段で  示していますが

われらがこころのよきをばよしとおもひ、あしきことをばあしとおもひて、願の不思議にてたすけたまふといふことをしらざることをおほせのさふらひしなり。
そのかみ邪見におちたるひとあて、悪をつくりたるものをたすけんといふ願にてましませばとて、わざとこのみて悪をつくりて往生の業とすべきよしをいひて、やうやうにあしざまなることのきこへさふらひしとき

軽く 一面的な読み過ごし方で ジンセイ を 歩む

善いか悪いかは  人生の歩みようで決まる けれど
決めたように 決まりがあると 顛倒する


悪いと反省する(その対象となる)行い は 善  であると 知ることができるのでしょうか ?



[10387] Re:[10386] 共産主義 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/09/08(Fri) 10:53   [返信]
> 駒沢の身売り に関係していますか

いえ、それは、全然関係していません。
ああ、そう言えば、駒沢もなくなりますね。
ということは、駒沢の非常勤もなくなりますね、きっと。
駒沢大学は、宗教に熱心な人が多くて、けっこうおもしろく楽しかったんだけどなぁ。

でも、暇ができると、論文書けるので、それはそれでうれしいです。

> > 対人のところもあるような気がします。それは、論法の用語が出てくるところです。
>
> 龍樹 は “ 人ではなく 菩薩です ”

菩薩は、姿を変えるので、「人の姿をとる」ことがあります。
「空論者」って言われるような「人」に姿を変えているときがあります。

ものすごく微妙です。論者どおしが、論戦しているように見えるのに、実際には、議論ではなく対話になっている、という、ほんとに微妙な路線を歩んでいます。

こんなことができるのは、龍樹菩薩だけなんでしょうね。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -