Magical Board


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[10032] Re:[10031]  真理ようと 真理まいと 真理ではなく 信自である  投稿者:みどり 投稿日:2017/03/08(Wed) 13:23   [返信]
そして、この言葉に驚くのです。

『ならばよきラマが備えるべき徳性とはなんでしょう。
まず怒らないこと、すなわち忍耐力があることです。
忍耐力はすばらしい徳性です。』

『それとは逆に怒りっぽく、驕慢なものはラマとしてのよき徳性を欠いています。』

ああ、決定的に違う! 真逆だ。

その人は自分が気にいらないと、すぐに怒り、
周囲の人々に怒りを焚き付けていたような人だから。

[10031] Re:[10030]  真理ようと 真理まいと 真理ではなく 信自である  投稿者:みどり 投稿日:2017/03/08(Wed) 13:05   [返信]
そして、その高僧のこの言葉に立ち止まりました。

『師の資格のない人(悪しき師)であっても、仏法や聞思修について説くことも、
ルン(口頭伝授)を与えることはできるのです。』

『悪しき師につくのは、毒の入った食べ物を摂るのと似ています。
食べた瞬間にはそれなりに満腹するかもしれませんが、所詮、毒は毒です。
体をやられて最後には死に至ります。』

なるほど!
真理の立場から、聖俗を饒舌に語る、その人の話は確かに満腹感はあったなぁ・・・と。

[10030] Re:[10029]  真理ようと 真理まいと 真理ではなく 信自である  投稿者:みどり 投稿日:2017/03/08(Wed) 12:46   [返信]
「皆、罪ばかりをしている。善が出来るのは極僅かな者だけである。
その悪ばかりをしている人はどうしたら善にあやかれるだろうか?
それは、その極僅かにいる善が出来る人を支えることによって、善行にあやかれるのである」

その人の吐いた、この言葉に、どこか似たような響きのある言葉を、
最近、チベット仏教の高僧の言葉の中に見つけました。
http://www.tibethouse.jp/about/buddhism/37/index1.html

『これらの五濁が満ちている時代に、私たちは人として生まれる幸運には恵まれたものの、不善の行為ばかりなしています。
にもかかわらず私たちは幸運にもラマと出会い、ラマから教えを受けることができたのです。』

[10029] Re:[10028]  真理ようと 真理まいと 真理ではなく 信自である  投稿者:みどり 投稿日:2017/03/08(Wed) 11:26   [返信]
ハンサムな人でしたね。その人は。

[10028] Re:[10027]  真理ようと 真理まいと 真理ではなく 信自である  投稿者:みどり 投稿日:2017/03/08(Wed) 10:45   [返信]
「縁!?」
「わたしとの縁!?」

またしても、わたしには意味が明確ではない「仏教の言葉」が
使われました。

[10027] Re:[10026]  真理ようと 真理まいと 真理ではなく 信自である  投稿者:みどり 投稿日:2017/03/08(Wed) 10:27   [返信]
見える人には見えて、見えない人には見えないその「烙印」

しかし、何か拍子でそれが見えた時、その人から立ち去るべきなのです。

わたしの場合、その人の顔が青白く、気色の引いたような顔
になっている時が、その時だったと思います。

「わたしとの縁を、お母さんが、勝手に切っていいのでしょうかね?」

その人は、少し凍えるような小さな声で、わたしに言いました。

[10026] Re:[10025]  真理ようと 真理まいと 真理ではなく 信自である  投稿者:みどり 投稿日:2017/03/08(Wed) 09:50   [返信]
教える者が、震える

そういう世界が確かにあります。

震えず教える者は、その人のように、「道に外れた烙印」
を背中に背負って生きる人なのかも知れません。

[10025] Re:[10024]  真理ようと 真理まいと 真理ではなく 信自である  投稿者:みどり 投稿日:2017/03/08(Wed) 09:25   [返信]
あるいは、裁判官は震えるのかもしれません。

中村元氏、平川彰氏、玉城幸四郎氏、金岡秀友氏、渡辺照宏氏

その人の口によって語られる、それらの人々の様子を聞いて。

[10024] Re:[10022]  真理ようと 真理まいと 真理ではなく 信自である  投稿者:みどり 投稿日:2017/03/07(Tue) 21:01   [返信]
> 誰かお前に対して、かって、その言葉を吐いた者がいるのか?
> いるなら、名を挙げよ。

もし誰も挙げないのであれば、本人の心によって生まれたものでしょう。
その時は、そんな言葉は、口に出さずとも、心の中で思うだけで、
十分、罪である理由を、裁判官は教えるのだと思います。

[10022] Re:[10021]  真理ようと 真理まいと 真理ではなく 信自である  投稿者:みどり 投稿日:2017/03/07(Tue) 19:07   [返信]
そして、その裁判が終了したあと、裁判官はこういう言葉を、
その人にかけるかも知れません。

「湧き上がる怒りに駆られて、お前はある日こう言ったな

<ここで「地獄に落ちろ!」ってわたしが言うと、その時はわたしの罪になるのですね>

罪になるからという理由で、その言葉を吐かなかったと思っているお前は愚か者だ。

その言葉は、確かに吐かれたのだ。
その若者が聞いている。

誰かお前に対して、かって、その言葉を吐いた者がいるのか?
いるなら、名を挙げよ。

愚かな者には教え諭さねばならないから」

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -