Magical Board


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

[10278] Re:[10277] とある参照的参照 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/06/25(Sun) 07:27   [返信]

> 彼は よく 勉強しているから
> 「性悪説」 も 知っている
> 説法に 平気で それを使う

いや、よくわかります。びっくりです。
ときどき、あくが強い説法だなあ、って思います。

> あなたには あなたの 採用する“程度” が ある
> 採用しなければ 不執着  です

そうね。他の人の法話会に出たことがないので、例をあげるとするとスマ長老さましかいないっす。
>
> 一度だけ 彼の“説法会” に 出たことがあります
> 大阪から来た 主催者の一人が
> わたしに向けて 「 ハルマサン は 黙っていれば 格好良い 」 と ご忠告を 進呈してくれました

質問をしたのですか?

[10277] Re:[10276] とある参照的参照 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/06/23(Fri) 08:28   [返信]
> KIMさま
>
> >  自性についてはほぼ納得できます。しかし、もう一歩、法が空っぽがわからないので、親鸞のようにはいきそうもありません。
>
>  なかなかピンとこないのも分かります。

分かってしまったものを
サンスクリット で 言い替えると BUDDHA と なります
分かるまでは 分からないが
分からないのに 分からないことを 分かるとする
そこにも 分かる は 使われる

分かりますか ?

>  スマ長老さまも、『般若心経』に嘆きの言葉を語っていましたからね。虚無主義だって。

彼は よく 勉強しているから
「性悪説」 も 知っている
説法に 平気で それを使う

もっとも それを聞く者の 程度があるから
 ( 使うことによって その程度 に 自らが 成りきっているとはつゆ知らず 、、、、 )

あなたには あなたの 採用する“程度” が ある

採用しなければ 不執着  です

一度だけ 彼の“説法会” に 出たことがあります
大阪から来た 主催者の一人が
わたしに向けて 「 ハルマサン は 黙っていれば 格好良い 」 と ご忠告を 進呈してくれました

黙っていても 語っていても
わたしに 相違はない  
相違 は 「揀択」 に 起きる

語らない ハルマ は ハルマ  ではない

良い・悪い に 執着を起こすから
良いモノを 「揀択」 から ヴィジュニャー できなくなり

一つ一つに 別の生を与え その両方に 輪廻する
わたしは 格好がよい  と  言っているのではなく
格好 という  揀択の メジャー(量) を 見せているのです

「無量」 の 縁起 に 量 は 起きない
起こすから 「縁起」 が 起きる


( 頭を 休ませて  ゆっくり 噛みしめなさい 、、、、)



[10276] Re:[10273] とある参照的参照 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/06/23(Fri) 07:02   [返信]
KIMさま

>  自性についてはほぼ納得できます。しかし、もう一歩、法が空っぽがわからないので、親鸞のようにはいきそうもありません。


「空っぽ」は、わたしの言葉ではなく、ブッダのことばです。「スンニャ」「スンニャタ」と言ってます。

世界を空と見なさい、って。

なかなかピンとこないのも分かります。スマ長老さまも、『般若心経』に嘆きの言葉を語っていましたからね。虚無主義だって。

[10275] Re:[10274] とある参照的参照 投稿者:おちゃらけ 投稿日:2017/06/23(Fri) 00:55   [返信]
KIMさまこんばんは

> 何か加計学園の国会論議のようなことになっていますね。私は確かに書いた内容の二重性については、忖度していませんでした。

> 書いた時点で忖度すべきだったのではないかというご指摘なら、確かにそうかもしれませんが、ここはマジカルボードという軽い掲示板です。

> そこまで忖度する必要があるのでしょうか。

意訳すると「これ以上詮索するな」ってことでしょうか?いいえ、忖度とは全く違います。
やっぱKIMさまって「言いたいこと」がものすごくはっきりしているのに「表現が複雑」ですね。


>  その通りです。エム先生の著書は宗教書というよりは、むしろ啓蒙書的な面が強いように思います。専門家が対象ではなく、一般の読者が対象なのです。そのため、「空」に対する理解への憂慮より「空っぽ」を使うことによる誤解を憂慮するほうが重要ではないかと思ったのです。

ってことでエム先生、ぶっちゃけ「使われると困る」って言われた「空っぽ」という語について「使用者」としてひとこと締めのお言葉をごくカンタンにプリーズです。(ってむちゃぶり〜〜〜)

[10274] Re:[10270] とある参照的参照 投稿者:KIM 投稿日:2017/06/22(Thu) 21:04   [返信]
おちゃらけ様、今晩は。

何か加計学園の国会論議のようなことになっていますね。私は確かに書いた内容の二重性については、忖度していませんでした。書いた時点で忖度すべきだったのではないかというご指摘なら、確かにそうかもしれませんが、ここはマジカルボードという軽い掲示板です。そこまで忖度する必要があるのでしょうか。

 読めば文脈からわかると思います。

>「空」に対する理解への憂慮より「空っぽ」を使うことの
>憂慮が「言いたいこと」としてはっきりしたように思います。

 その通りです。エム先生の著書は宗教書というよりは、むしろ啓蒙書的な面が強いように思います。専門家が対象ではなく、一般の読者が対象なのです。そのため、「空」に対する理解への憂慮より「空っぽ」を使うことによる誤解を憂慮するほうが重要ではないかと思ったのです。

 もちろん、正確な理解が得られたら、それに越したことはないのですが、それはなかなか難しいでしょう。だから誤解を避ける方を優先させたほうがいいと思ったのです。

 このあたりは感じ方の問題です。終わりにしましょう。

[10273] Re:[10271] とある参照的参照 投稿者:KIM 投稿日:2017/06/22(Thu) 20:05   [返信]
> 肩肘張らずに、もっとリラックスして、心を空っぽにして使ってください。
>
> 「からっぽ」と聞いておそれてはいけません。心配することは何もないと思います。
 
 どこかで見たような場面だと思っていたら、歎異抄第二章ですね。たとい石飛聖人にすかされまひらせて、心を空っぽにして地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずさふらふ。

 自性についてはほぼ納得できます。しかし、もう一歩、法が空っぽがわからないので、親鸞のようにはいきそうもありません。とりあえずはコメントをいただいたお礼まで。

[10272] Re:[10270] とある参照的参照 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/06/22(Thu) 00:48   [返信]

> 主語と指示対象がはっきりしたことで、「KIMさまが言いたいこと」の「構造」がはっきりしたのではないでしょうか。

はっきりしてはいない
はっきりしたと  はっきり思う  それだけです

> [10260]の時点では「言いたいこと」の「構造」において「無意識」だった(気にもせず書いた[10262])。
> そのときは「構造」がみえていなかった。
> やりとりのなかで「理解[10260]」から「使い方[10267]」へと「言いたいこと」が(意識に上がった)「表現の変化」として表出した。

通常の理解では
非常に 繊細な考察であるとされます
細やかな 考察でなければ ヴィジュニャー とは言えません
( あくまでも 五蘊の内です )

プラジュニャー パーラー ミター  ではありません


> なかったから→「みえて」いなかったのではなく、「みて」いなかったから→「みえなかった」のではないか
> と、「私は思いました。」

 はっきり思いましたか ?

超ひも(弦)理論   では  あらゆる事象は すべての局面において 巻き上がります
見なければ   見えない
見えない  と  見ない  とは 思わず  無い と 思う

見れば  見たと思う  ということはありません
見ただけ、見るだけです
見る時には 思いは 起きていませんが
思う時には 見たことを見逃しています

真理というモノは どこにでも落ちています
どこででも 拾うことができ いくらでも 集められますが
どれだけ 多く 集めても  パーラミタ  です
( だから   自性 にある 一つである真理    で  「唯我独尊」  となります ) 

むやみに  知 を掉さすと 「 情  に 角が立つ 」


[10271] Re:[10267] とある参照的参照 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/06/21(Wed) 21:45   [返信]
KIMさま

> 「エム先生は」「(諸法の自性<実相?無自性?>は)空である」という意味で「空っぽ」を使っている。
> そのような使い方は困る。

このような考え方を、「空ではない」と言いますね(笑)
肩肘張らずに、もっとリラックスして、心を空っぽにして使ってください。

「からっぽ」と聞いておそれてはいけません。心配することは何もないと思います。
むしろ、空でないとき、ものすごく苦しい思いをすることになって、本当に辛いでしょう。

[10270] Re:[10267] とある参照的参照 投稿者:おちゃらけ 投稿日:2017/06/21(Wed) 18:41   [返信]
KIMさま、こんにちは

> 三段論法ですね。第一段が微妙です。私の言いたいことは次の通りです。

「KIMさまが困ること」が「理解されたら困りますね[10260]」から「使い方は困る[10267]」という表現に「変化」しましたね。

「空」に対する理解への憂慮より「空っぽ」を使うことの憂慮が「言いたいこと」としてはっきりしたように思います。

主語と指示対象がはっきりしたことで、「KIMさまが言いたいこと」の「構造」がはっきりしたのではないでしょうか。

[10260]の時点では「言いたいこと」の「構造」において「無意識」だった(気にもせず書いた[10262])。
そのときは「構造」がみえていなかった。

やりとりのなかで「理解[10260]」から「使い方[10267]」へと「言いたいこと」が(意識に上がった)「表現の変化」として表出した。


なかったから→「みえて」いなかったのではなく、「みて」いなかったから→「みえなかった」のではないか

と、「私は思いました。」

以上です。

[10269] Re:[10267] とある参照的参照 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/06/21(Wed) 11:54   [返信]

どちらでもよいです
分かる人には 分かる

分からない人は
どのように 説明を重ねても、聞きたいように聞く

分かるまでは 決して わからない
( これを分からないと  分からないことはなくなる  )

分かる人とは
解宝の人

礦石を宝と見る

真理を基にしない顛倒はない

分かりたくない人は 分からないように 聞いている話 を 組み立て
分からない話 と 化す


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
記事No 削除キー

- LightBoard -