Magical Board


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[10365] 共産主義 投稿者:ポンジミ 投稿日:2017/08/24(Thu) 17:58   [返信]
>お金  は   名称である
>社会主義でも お金は 働きうる
>仕組みをどう使うかで 仕組みが決まる

一応。
科学的社会主義こと共産主義の存在は単なる予言のみですけど。真の共産主義は、富の偏在を克服しております。そのため、黄金であれ、紙幣であれ、誰でも必要に応じて自由に手に入れることができます。他人に頭を下げることを強制されることなく。楽園ですよね。

それで、昔はみんな騙されてしまったんです。

[10364] Re:[10356] ドクロ趣味 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/08/24(Thu) 08:52   [返信]

>  同じ結論に達する必要がそもそもあるのかと。

同じ結論
という文は
結論 という 名詞 を 
車  という 名称 に 交換できます

達する  は 乗る に 交換します

“ 同じ車に乗る必要がそもそもあるのかと ” と 変換されます
一見して 違うことが述べられているようにも読み取れます

車に乗る を 大乗 とします
( 必要については 先に述べています )

どういうことが 同じかを  規定しなければなりません
車  という 役割を 求めて 車に乗れば
 (車を乗り換えても)同じ車の役割を持ちます
どういう役割か を 車に 求めなければ
             車は その存在理由を 持ちません (乗られることは起きません)

車の 使用目的  は   生きる(生活に役立てる)こと  です
マルクスは 資本論の 最初において
資本 の 定義から始めました
資本は 富であり  富は 労働です 
  「労働があらゆる富の 源泉 である」   
(  “  現在の 我が国の制度の中  ”  = “ この仕組み” で  の 商品 について   )
「 富は 仮設された結実の集合体である商品の姿で その一つの要素形態 として 顕われる 」

この 商品は お金 を 交換媒体とします
(  “  現在の 我が国の制度の中  ”   では 値段を付ければ  “ その仕組み ” を受け入れることになります  )
( 誰が付けた値であっても それを受け入れる時  “ その仕組み ” を受け入れています )


富める者とは何かを 念頭に置いています


**********************************
お金  は   名称である
社会主義でも お金は 働きうる
仕組みをどう使うかで 仕組みが決まる

正しい 労働  は          誤った使い方    をするとき
誤った使い方(受肉)の為   の 正しい労働( =誤った労働)   となる

正しい 労働 は    正しい使い方 = 受肉         をするとき
誤った使い方の為   の 誤った労働( = 正しい労働)  となる


受肉は 正・誤 それぞれの働きにおいて の  その為の働き  となる 
( 正誤二つ を “包含する” と 常に正しく 働く=受肉  となる )
( どちらにおいても その為の使い方は その為の正しさを 付加される )
( 他方の立場からでは 誤った使い方となる = 誤りを 受肉に 付加する )

パウロ 「  キリストが わたしに受肉している  」

  「キリストが私の内に生きている 」  (ガラテヤ2:20)

  「 内にいないなら、クリスチャンはいない 」  (コリント13:5)

  「ことばは肉体となり、私たちの内に宿った。私たちはその栄光を見た 」 (ヨハネ1:14)
              口語訳聖書 (Kindle No.92030-92031).

  『 わたし の あと に 来る かた は、 わたし よりも すぐれ た かた で ある。 わたし よりも 先 に おら れ た からで ある』
              口語訳聖書 (Kindle No.92034-92036)
(  先のモノが 天国の入り口では 後になることがある 、、、、     マタイ20:1 )

「 『 労働者 たち を 呼び なさい。 そして、 最後 に き た 人々 から はじめて 順々 に 最初 に き た 人々 にわたる よう に、 賃銀 を 払っ て やり なさい』
この よう に、 あと の 者 は 先 になり、 先 の 者 は あと に なる で あろ う 」    
       (     一 時間 しか 働か なかっ た  最後にきた 人     )
「  自分 の 物 を 自分 が し たい よう に する のは、 当り まえ  」
     口語訳聖書 (Kindle No.85126--85154)

       (     我がものはない=我というモノはない  というのが 仏教の 教え    )
       (     あるのであれば 自らの軍隊として  わたしも  自由に使う       )
       (     なければ  使い方に文句をいう 筋合い は ない             )

       量の多寡で 真実は その姿を変えない ( 仏道もとより豊険より跳出せる )

歩み方で 一つの道が 違う二つの道に分かれるのではなく
( 仏道に  豊険という商量  を ) 作る= 置く ことによって 違う道であると 顛倒するのみ



[10363] Re:[10356] ドクロ趣味 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/08/20(Sun) 22:03   [返信]

>  他人がどういう結論に達するかどうでもいいんじゃないかな〜

自他を 分けて 別個で独立した存在であるとすれば
独力で 解脱できる
どうでもいい  とすれば   どうでもいいとされている
そうされていること でも    そうあることが 自然な姿かどうかは 別の階梯

ただし 不自然も 自然の姿であるとすれば
「平等」 の 理にそぐう

>  同じ結論に達する必要がそもそもあるのかと。

必要か どうか で 達するところが決まるのではなく
“いる” ところ を決めているだけです
( 居る →  行くところはまだ決まってはいません )
達したところに 居る
( 要る →   要らなくなれば 要るモノは変わります  )
要らないモノは 捨てられる ( たとえその名称を変えても 働きになければ 捨てられていると言える )
( 拾う時には 拾う ダケ の 理由=用 がある )


[10362] Re:[10356] ドクロ趣味 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/08/19(Sat) 08:18   [返信]
おはようございます。

> スマナ長老の解説ですとなんか純粋な唯物論ではないみたいですね。

ああ、そのようですね。六師外道の説は、どれも似ているようで違うようで、というところで、あんまりはっきりしていないところが特徴かなあ。

それと、リンクを読むと、研究熱心なスマ少年が見えますね。何かおもしろいです。

> インドにも白い鳩はいるんじゃないですかね?
> ジュズカケバトはなかなか骨っぽい色してます。
> https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%BA%E3%82%AB%E3%82%B1%E3%83%90%E3%83%88

おお、ほんと、骨っぽい。薄茶みたいな色ですね。
よく考えると、あんまり骨の色って考えたことがありませんでした。骨は鳩色っておぼえておこう。

> サッベー・サンカーラ・アニッチャーが事実かどうかは各人が確かめるべし。

まあ、そうですよね。
どんなに変化していても、常住を見たがる人は、その中に変わらない本質の見つめます。

> 他人がどういう結論に達するかどうでもいいんじゃないかな〜

そういうことなんだけど、そこに至ると「達観してる」っていわれますよね。

[10361] Re:[10357] magicalの禁止ワードは 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/08/19(Sat) 07:58   [返信]
> 全角の>でした^^;;;

え?お?

そうだったのか!
ロシア語のような文字をコピペして禁止ワードにしたのですが。。
その中にはなかったと思うのですが、禁止ワードを少し減らしました。

いろいろ工夫してみます。PCがちゃんとロシア文字読めてないのかな?
どれが、全角の > なんだろ?

[10360] Re:[10359] magicalの禁止ワードは 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2017/08/17(Thu) 19:26   [返信]
> 半角スペース の 後に スペースを足しておけば 引用の文章は 後ろに下がり
> 読みやすくなることもあります

なるほど。参考にします。

半角も全角も引用符として認識する掲示板もあるのですが、
NGワードとは気づかなかった。

[10359] Re:[10357] magicalの禁止ワードは 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2017/08/17(Thu) 08:44   [返信]
> 全角の>でした^^;;;

返信 の画面を開き
 > と その横の半角スペース を C&P して、
 貼り付ければ その後の改行しない文章は、
全部 投稿画面では 青色 になります

半角スペース の 後に スペースを足しておけば 引用の文章は 後ろに下がり
読みやすくなることもあります

[10357] magicalの禁止ワードは 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2017/08/16(Wed) 18:29   [返信]
全角の>でした^^;;;

[10356] Re:[10355] ドクロ趣味 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2017/08/16(Wed) 18:27   [返信]
こんばんは

> 六師外道のアジタ・ケーサカンバリンの説に、布施もないし、供犠もない、善行、悪行の果報や報いもない、などとあり、父もなく母もないとか述べていって、最後には火葬の末に、鳩色の骨が残るだけ、で、供物は灰になるなどとありました。

スマナ長老の解説ですとなんか純粋な唯物論ではないみたいですね。

>生命は四つの要素と感覚器官で成り立つという唯物論
>魂はあるが不滅ではない
http://www.j-theravada.net/explain/syamonka-4.html

まあ、哲学者は断定してしまうのが蛙的には無用なんですね。
お釈迦様とソクラテス先生のようなのがいいですねぇ。ゲコゲコ

> 鳩って普通白くないよね、

インドにも白い鳩はいるんじゃないですかね?
ジュズカケバトはなかなか骨っぽい色してます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%BA%E3%82%AB%E3%82%B1%E3%83%90%E3%83%88


観法と実際にそれが真理であるという見解を持つのは違うと思うのですが、
みんな真面目だから真理になっちゃうのでしょうね。

観法は観法でそれ以上でもそれ以下でもないと思うのですよね〜
無常観は無常観。
サッベー・サンカーラ・アニッチャーが事実かどうかは各人が確かめるべし。
他人がどういう結論に達するかどうでもいいんじゃないかな〜
同じ結論に達する必要がそもそもあるのかと。

[10355] Re:[10354] ドクロ趣味 投稿者:管理人エム 投稿日:2017/08/15(Tue) 10:33   [返信]
お盆ですね。おはようございます。

> アウトローやナチスのSSみたいなのじゃなくて、
> 人間をドクロや骨格と観る手法がいいなあと。

お盆らしい話題かな。

六師外道のアジタ・ケーサカンバリンの説に、布施もないし、供犠もない、善行、悪行の果報や報いもない、などとあり、父もなく母もないとか述べていって、最後には火葬の末に、鳩色の骨が残るだけ、で、供物は灰になるなどとありました。

この鳩色の骨という表現にひっかかって、みんなで「鳩色って何色?」って、議論になったことがあります。
白い色のような気がしてたけど、鳩って普通白くないよね、って意見が出て、灰白色や青みがかった灰色、茶色の混じった灰色、など、いろいろ出てきました。

仏舎利は、白いかもしれないけど、わたしたちの骨は、灰色かな。煩悩色なのかもね。

> 犬や猫も骨格から観ると普通というかかわいくもなんともないので
> 心が少しも動かないですね。

大小があるだけでほとんどわからないですよね。ヒグマの骨格も、狐の骨格も、テンの骨格も、ネズミの骨格も、たしかにかわいくないです。

> モフモフしたいとかないですね。

ないない。スリスリもごめんこうむります。

涼しい話題になったかすら。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -