Magical Board


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[10658] Re:[10656] 有名コピペ 投稿者:管理人エム 投稿日:2018/04/14(Sat) 08:28   [返信]
> 834 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/07/14(木) 22:34:28.35 ID:HSfQiw170 [3/3]
> 「お前は見られている」が宗教。
> 「見られていなくても」が道徳。
> 「どう見ているか」が哲学。
> 「見えているものは何か」が科学。
> 「見えるようにする」のが数学。
> 「見ることが出来たら」が文学。
> 「見えている事にする」のが統計学。
> 「見られると興奮する」のが変態
>
> やっぱお釈迦様は哲学寄りですかねぇ。

ふうむ。にゃるほどにゃ。

お釈迦さまの場合、 宗教で考えると、「お前は見られている」の「お前は」がないですよね。
「見られている」だけじゃ、「それで、何?」となってしまうにゃぁ。

「どう見ているか」ですと、「自分は」がほのめかされるようでもあり、また、五蘊を語る体系でも対処できるので、哲学的だと見えるのかも。
「自分は」と採ると、我(アートマン)の哲学。
「五蘊」を想定すると、無我(アナートマン)の哲学。


> やっぱ大乗仏教は一神教に近いと思います。

「お前は見られている」いうより、摂取不捨(すくい取って捨てないわ)の阿弥陀仏。
阿弥陀仏の眼になったことはないけれど、阿弥陀仏は「誰も」見てないかもしれないな、という気がする今日この頃。声(心の声も)だけ聞いてる? なんまいだ、なんまいだの声。

> 是非善悪ではなくてそれが多数の好みなのではないかと。

非と悪ばかり指摘されるので、「えいぃぃ〜、もういいや、どうでも」 ってなったのが、「衆生」と言われる というのはどうでしょう。

[10657]  アマサン  アマチャン アマ チュア   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2018/04/13(Fri) 13:16   [返信]

カツモトカレン

“ 寺 ” というところは、 富士山と同じで、
遠くから眺めると美しいが、中に入ればゴミも落ちている

外から見るのと内から見るのとでは
見える景色は   違うのである


“ 寺 ” というところに 違う “名称” を入れ
注意深く 論を運ぶと
見方 という 塵に 埋もれているのが分かる


[10656] 有名コピペ 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2018/04/12(Thu) 23:46   [返信]
834 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/07/14(木) 22:34:28.35 ID:HSfQiw170 [3/3]
「お前は見られている」が宗教。
「見られていなくても」が道徳。
「どう見ているか」が哲学。
「見えているものは何か」が科学。
「見えるようにする」のが数学。
「見ることが出来たら」が文学。
「見えている事にする」のが統計学。
「見られると興奮する」のが変態

変態を別にして他はよくできていると思いますね。
やっぱお釈迦様は哲学寄りですかねぇ。

やっぱ大乗仏教は一神教に近いと思います。
是非善悪ではなくてそれが多数の好みなのではないかと。

[10655] Re:[10652]     多川俊英   投稿者:管理人エム 投稿日:2018/04/11(Wed) 07:47   [返信]
> > 『仏像 みる・みられる』 は 読んでいませんが
> > 読んでみます

わたしも、頼みました。

前に題名を眺めて、どうしようかな、って思ったことがあるような。


> 多川俊英 は 唯識学者 としては 見るべきものはありません

あら、そうなんですか。

唯識事情は、勉強になります。ありがたや。

『スッタニパータ』にも、唯識への種が蒔かれているのを、見つけました。

ブッダの直説により、いかにブッダの道を歩む者たちが刻苦勉励したか、しのばれます。
部派の他は、龍樹と天親をおさえると、ダンマとして、基本的には仏教は漏れがないかな、という気がします。

[10654] Re:[10653]     多川俊英   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2018/04/10(Tue) 23:54   [返信]

> これは錯覚だったようです。見たのは太田久紀氏の唯識の話だったかな。

多川俊英 は 唯識学者 としては 見るべきものはありません

太田久紀 は 薬師寺で 昭和61年(1986年)に 唯識の講義をしています
「成唯識論要綱」 として 「 成唯識論抄講 」 を もとにして 刊行されていて
唯識の 善き導きとなっています

 「 凡夫が凡夫に語る唯識 」  一冊で 太田は 十分かとは思いますが 、、、、

田川俊英は その当時は 興福寺管長ではないと思いますが
関係は していたはずです

太田久紀は 勧学院の沢木興道に 深く教えを受けています

成唯識論は 玄奘・慈恩寺窺基 より 直接の教えを受けた 道昭により
日本の 興福寺にもたらされ その後 薬師寺へも 受け継がれています
興福寺法相宗は 空海の母方伯父にあたる 阿刀 玄ボウによって 完成されていきます

だからと言って 空海が 有相唯識 だと早合点してはいけない

明治までの 唯識学者は 多く 真言宗・浄土真宗 に 見られます
とくに 真宗では 世親(天親)を 龍樹に次ぐ 二番目の七高僧 においていますから 、、、、

唯識で 見えないことが ナンボ見えるか 
どのように誤魔化しているかを 読んでみようと思います


[10653] Re:[10652]     多川俊英   投稿者:えび天サンバ 投稿日:2018/04/10(Tue) 21:43   [返信]
> 多川氏の話は昔、ここでも見たような気がしますね。多分春間さんが書いたんでしょうね。

これは錯覚だったようです。見たのは太田久紀氏の唯識の話だったかな。

[10652] Re:[10651]     多川俊英   投稿者:えび天サンバ 投稿日:2018/04/08(Sun) 14:50   [返信]
> 『仏像 みる・みられる』 は 読んでいませんが
> 読んでみます

仏教を知らない人に向けても分かりやすいように書いていながら、興福寺の歴史的な神仏関係の記事などもあり、わたし的には結構、はまっています。

> 見られる ということは 自分に起きる 心の動きです
> 「 唯識とはなにか 唯識三十頌を読む  」 「唯識十章」
> 「貞慶『愚迷発心集』を読む 心の闇を見つめる 」
> は 本棚にあり 読んでいます
> 多川 俊映   は 興福寺法相宗の 僧侶 です
> 玄奘の 唯識を 学んでいます
> 見る ということと 見られる ということ
> その両者が 心に起きる仕組みを
> 坐禅を通して 体験 言語化(意識化)していくのが 唯識です

多川氏の話は昔、ここでも見たような気がしますね。多分春間さんが書いたんでしょうね。唯識は、空海密教にとっても多分に前提となっている感もあります。特に観法などは。

> 安慧 を 正しく理解したうえで 玄奘を受けないと
> 現成 という 有相 に 囚われます

なるほど。安慧という坊さんのことはまったく知らなかったなぁ。

> 「 有 」 を 解決していくのが  「 瑜伽唯識 」  です

ありがとうございます。
読書の参考にさせていただきましょう。

★(バン・ウン・タラク・キリク・アーク)

[10651]     多川俊英   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2018/04/07(Sat) 08:12   [返信]

> > 僕は多川俊英氏の本を読んでいるところですよ。
> 『仏像 みる・みられる』、これは買いだ。

『仏像 みる・みられる』 は 読んでいませんが
読んでみます

見られる ということは 自分に起きる 心の動きです
「 唯識とはなにか 唯識三十頌を読む  」 「唯識十章」
「貞慶『愚迷発心集』を読む 心の闇を見つめる 」

は 本棚にあり 読んでいます

多川 俊映   は 興福寺法相宗の 僧侶 です
玄奘の 唯識を 学んでいます
見る ということと 見られる ということ
その両者が 心に起きる仕組みを
坐禅を通して 体験 言語化(意識化)していくのが 唯識です

安慧 を 正しく理解したうえで 玄奘を受けないと
現成 という 有相 に 囚われます

「 有 」 を 解決していくのが  「 瑜伽唯識 」  です


[10649] Re:[10648]  増谷文雄 阿含経典   投稿者:えび天サンバ 投稿日:2018/04/07(Sat) 01:24   [返信]
> 僕は多川俊英氏の本を読んでいるところですよ。

あ、早速間違えた。

多川俊映氏の本。
『仏像 みる・みられる』、これは買いだ。

[10648] Re:[10647]  増谷文雄 阿含経典   投稿者:えび天サンバ 投稿日:2018/04/07(Sat) 01:19   [返信]
> > 雑阿含経 と 対照 することは 必須ですが
> 南伝大蔵経 には 対照する漢訳があるときには
> それを表記しています

君も日々躍動しているね。
僕は多川俊英氏の本を読んでいるところですよ。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -