Magical Board


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[10647] Re:[10645]  増谷文雄 阿含経典   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2018/04/07(Sat) 00:57   [返信]

> 雑阿含経 と 対照 することは 必須ですが

南伝大蔵経 には 対照する漢訳があるときには
それを表記しています

[10646] Re:[10645]  増谷文雄 阿含経典   投稿者:えび天サンバ 投稿日:2018/04/07(Sat) 00:03   [返信]
> キンドル版 2 の 最後に  互照録  は ありました

なるほど。これは便利。ちくま学芸文庫では二巻目の末尾にありますね。

[10645] Re:[10641]  増谷文雄 阿含経典   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2018/04/06(Fri) 23:32   [返信]
> ちょうどキンドル版があったので
> 購入した

ダウンロード したけれど
4巻 についていた 互照録 が 省略されているようです

雑阿含経 と 対照 することは 必須ですが
そこが 出来ないようです

まだよく見ていませんので
どこかにあるかもしれません

  < 追記・訂正 >

キンドル版 2 の 最後に  互照録  は ありました


[10644] Re:[10643]  増谷文雄  仏教百話   投稿者:えび天サンバ 投稿日:2018/04/06(Fri) 21:37   [返信]
> 行いは
> よき煮つけ  ( 味わい方次第 )
> 悪しき煮つけ ( 食わず  嫌う  )
> 食して
> 四食となる か どうかは
> 食い方次第
> ま
> 百言 は 常に ヒトアジ に 顕わされる

そーですか。

気が付けば三冊は買ったまま積ん読になっていました。
増谷先生の本は中村先生の本よりも好きだけど、
微々たる読書なのでこの際。

春間氏のススメに従って、亡き義父の書棚にあった『経典のことば(雪華社)』から読んでみようかな。

[10643]  増谷文雄  仏教百話   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2018/04/06(Fri) 20:35   [返信]

> 増谷先生は『仏教百話』もいいですよね。

わたしも 『仏教百話』 は よいと思います
阿含(アーガマ) に 親しむのに よい入門書  だと 思います

ただ 仏法解釈には 問題がある

問題があるけれど
管理人エム 様 は 高く評価しているのを知って
もう一度読み込まなければ  
と 思い
彼女が読んでいると言った
増谷文雄全集を 購入して
全巻 細かく読みました
読んだという 成果は
自分の評価としてしか 自分には起きない

しかし
そこから 他の書き込みへの アプローチ を している面があります

行いは
よき煮つけ  ( 味わい方次第 )
悪しき煮つけ ( 食わず  嫌う  )

食して
四食となる か どうかは
食い方次第

百言 は 常に ヒトアジ に 顕わされる


[10642] Re:[10641]  増谷文雄 阿含経典   投稿者:pocket 投稿日:2018/04/06(Fri) 16:57   [返信]
増谷先生は『仏教百話』もいいですよね。

今は光明寺さんがネットでパーリ経典の和訳を文法解釈まで含めて挙げてくれているので、お金がなくても仏典が読める!

いや〜いい時代だ

[10641]  増谷文雄 阿含経典   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2018/04/06(Fri) 14:58   [返信]
ちくま学芸文庫 より
絶版となっていた 阿含経典 六冊 が 再版 されて
三巻で出ていた
ちょうどキンドル版があったので
( 六巻本は 二組所有しているので )
購入した

訳として
不備はあるけれど
とても良い本だと思うので
紹介します

[10640] Re:[10639] 中庸 投稿者:えび天サンバ 投稿日:2018/04/06(Fri) 14:36   [返信]
> 一方の極みに、所得税は財産の没収であり不道徳であって許されないという考えがあり、他方の極みにすべての人の収入は平等であるべきだ、さらには個人所得すら認めるべきではないという考えがある。

一方の極みには国家が国民を支配する、という考え方があり、他方の極みには国民が国家を支配する、という考え方がある。

> 「両端を知りつくして、よく考えて、(両極端にも)中間にも汚されない」
> ブッディズムとは直接関係ないですが、
> 社会科学には似たようなものがチラホラ現れますね。

国家とは具体的に言うと官僚であり、その官僚の保持している既得権ということですね。両極端にも中間にも汚されないあり方はこの場合、国民が官僚の持つ既得権を再構成する力を持ち、尚且つ、官僚の生活を保障する、ということになりますか。

[10639] 中庸 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2018/04/06(Fri) 09:44   [返信]
一方の極みに、所得税は財産の没収であり不道徳であって許されないという考えがあり、他方の極みにすべての人の収入は平等であるべきだ、さらには個人所得すら認めるべきではないという考えがある。

まあ、だいたい真ん中の所得税を採用する国や地方が大勢ですね。日本のような累進課税が妥当かどうかは別論です。
たしか昔は最高で80%ぐらいとられてたような。
日本は現在でもやや共同体よりの政策といえるでしょう。

「両端を知りつくして、よく考えて、(両極端にも)中間にも汚されない」

ブッディズムとは直接関係ないですが、
社会科学には似たようなものがチラホラ現れますね。

[10638] お金の話題は怖い 投稿者:pocket 投稿日:2018/04/05(Thu) 18:11   [返信]
> 高所得者や資産家に高い負担を課すのは浅ましい考えではないですよ。
> 高い所得を得るには国や自治体の基盤やらサービスやらを
> より多く利用していると考えるべきで、資産形成についても同じです。
> 故により高い負担を求めるのは形式的には不平等ですが、
> 実質的には不平等ではないということです。
> えび天サンバさんと同じ考え方で所得税と廃止しているところがありまして、
> 某覇権国のテキサス州ですね。
> リバタニアンなどの極端な自由主義者や資産家に多い考え方ですね。
> インドのマハラジャや中国の特権階級を見れば、
> 彼らの自由意思に任せた場合に際限なく富をため込み
> 社会や共同体のために使うことが少ないだろうということは
> 容易に想像できると思います。

サードゥ、サードゥ!

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -