Magical Board


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[9987] Re:[9986] ブッダの優しい論理学 増補改訂版 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2016/12/13(Tue) 19:59   [返信]


> けっこう、仏教を知らない友達に話してみても、ウケがいい部分でしたよ(笑) そうきたか!みたいな。

仏教を知ってる君が 知らない者に話をするから 受けるのです

けっこう  って
 程度  は 縁起にどうある ?

ところで、知ってるって どういう意味 ?

仏教を知らず、仏教を分かっていない わたしにも
知らないということを
規定することができる きみ が  教えてください

慢 が どうある かは
慢 に あると   分からない


[9986] Re:[9984] ブッダの優しい論理学 増補改訂版 投稿者:PL 投稿日:2016/12/13(Tue) 10:29   [返信]
先生、おはようございます。

そういうことでしたか。

あのフレーズですが、たとえば、新興宗教の人の勧誘が、なぜ煩わしく思えたのか、世間からもあまりよい印象を持たれていないのかの謎が溶けたような気がしたからです。また、それと比較して、ブッダの法がどのように広まるのかを、よく表しているように思えました。

けっこう、仏教を知らない友達に話してみても、ウケがいい部分でしたよ(笑) そうきたか!みたいな。

[9985] Re:[9984] ブッダの優しい論理学 増補改訂版 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2016/12/13(Tue) 09:50   [返信]

> > 「全然誰も質問してくれない 、って 。やむを得ませんね 。その場合は 、自分を一生懸命磨いて 、質問したくなるような人物になりましょう 。」

本が手元になくて
前後の文章を確認できないので 意味を取り違えるかもしれませんが 、、、、
( 「縁起」 は お手の物だから  心配無用 ! )

聞いていることの 矛盾点 を 見出し
その矛盾が、自らの無知によるのか
語る者の 無明(顛倒)によるかを 問う わけ です

矛盾は 常に自らにあるから、
自らを見つめる時、 他者からの言葉が 手助けとなる 、、、、

語る者には 常に 矛盾はない
矛盾があるとするまで、矛盾がない
( という“ところ”に、 ある・ない の 矛盾が起きる )

質問されて、質問に正しく向き合える ような 人 としての存在性
それを  “ 人の生を受ける ”  と 表わします

すでに 瓦をいくら磨いても
鏡の如く 映すことはない  と 喝破されています

鏡を見ても、 見たい自分を 見る
( 見たくないものは 見たくないから、 見えない=見ない 構造にある )

矛盾を見出さなければ 質問は成り立ちません
何故 PL 君に つらく当たるかは
PL君の 「慢」 を 自らの 見たい ! 鏡像 とするからです
「 朱に交われば 赤くなる 」
「 朱に交われば 赤くなる 」 と 知る“ところ” が 「 洲 」 で ス

知らずに浸かって 交わりを作ると 赤くなって 後から 赤面する
  ( 後先があるとき、するかもしれない )
しかし 平気で交わり
その狂いを モノともせずにいられるから いまだ アオイ と 結膜 の 理
( まくるのが わたしに起きるか あなたに起きるかが 先の記述の 読み方 )

( 後先がないと知るモノは 赤面 という 面が 白く 空白となり 「空」 と 「中」 を 知る )

> > これ!なぜ削除されてしまったのでしょう?(^^;

あっても 読めないから
無くて 読めない

無くても、 読みたいように読むことは 消したくならない限り
白日の下

> 「現実にはなかなかお目にかからないたぐいの対話」などと書いてしまったもので、その後、「みなさんも一生懸命磨きましょう」みたいな文が、書きにくくなってしまいました。

あっても それと分からなければ
ブッダ は 入滅する

> 読者に迎合しちゃ、あかんな。


自分に迎合するから
読者を身代りに建てる

> 改訂版になったら、遊びが減りましたよね。
> ノリがなくなってしまったな、って、自分でも思います。

改訂版を 詳しく読むまでもなく ノリ は ナイ 、、、、

大きく乗らなきゃ
あっても意味がない

大小を言い 「少しはある」 という時
  無い 法 は 見られることがないから
  無い と 言われる

>  優しく、

優しさは 備わっているが、使い方に問題アリ

>  易しく、

聖者の 易しい とすること を 誰が 難しい こと とする ?
( 易行はすでに備わっている )

>  わかりやすく、

分かっていないものが どう分かり易く 記述するのかな ?
分かっていないことは すぐに分かるけれど
それは、 難易 の 処 にはない
( 聖者 は ヤサシク それを 見過ごす  )

ワタシャセイジャジャ  ナイカラ  ヤサシサハナイ

>  読みやすい、しかも、値段の安い本、

コミック本でも書きなさい

> というのを、目指して精進していきます。

赤くなるのも 精進に入るかな ?


[9984] Re:[9983] ブッダの優しい論理学 増補改訂版 投稿者:管理人エム 投稿日:2016/12/11(Sun) 16:20   [返信]
PLさま こんばんは。
>
> いま、『ブッダの優しい論理学』の改訂版をみていて、個人的にお気に入りのフレーズがなくなっていることに気づきました。
>
> 「全然誰も質問してくれない 、って 。やむを得ませんね 。その場合は 、自分を一生懸命磨いて 、質問したくなるような人物になりましょう 。」
>
> これ!なぜ削除されてしまったのでしょう?(^^;

あら、まあ、このセリフお気に入りだったのですか?!

カッサパの問答に、
もう少し踏み込んでみようと思ったら、こんな具合になっちゃいました。
「現実にはなかなかお目にかからないたぐいの対話」などと書いてしまったもので、その後、「みなさんも一生懸命磨きましょう」みたいな文が、書きにくくなってしまいました。

学生さんに、会話はこんな風にしましょう、などと言ったら、「せんせい、いやです、こんな会話、マニアックすぎ」って言われそうだと思って、削ってしまいました。
読者に迎合しちゃ、あかんな。

改訂版になったら、遊びが減りましたよね。
ノリがなくなってしまったな、って、自分でも思います。


pocketさまも、けっこうご愛読していただいているみたいで、この本、案外悪くなかったのかしら?

優しく、易しく、わかりやすく、読みやすい、しかも、値段の安い本、
というのを、目指して精進していきます。
最後の項目は、出版社にかかってますけど。

[9983] ブッダの優しい論理学 増補改訂版 投稿者:PL 投稿日:2016/12/10(Sat) 23:31   [返信]
エム先生、こんばんは。

いま、『ブッダの優しい論理学』の改訂版をみていて、個人的にお気に入りのフレーズがなくなっていることに気づきました。

「全然誰も質問してくれない 、って 。やむを得ませんね 。その場合は 、自分を一生懸命磨いて 、質問したくなるような人物になりましょう 。」

これ!なぜ削除されてしまったのでしょう?(^^;

[9982] Re:[9981]   いろは  うた   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2016/12/02(Fri) 16:59   [返信]

うっかり読むけれど
こういう歌は
西洋では 決して生まれ出ることはない

日本に起きても
寝ていては 知る由がない

インドでも然り
中国においておや

インド 仏教思想と 中国思想
それにもまして 倭の ことば

色 は 仏教
紅く染まる にほい
あまたあることを 千と言い 汎神論の 霊とみる

輪廻の世 において たれは 常を保つ

有為とは 唯識 
やま は 夜摩天 華厳の教え
仮 と 不 を 超えて 夜摩天 にある

麻酔い に起きる夢 を 酔うことなければ 見ても見ず
見じ ともいえる


[9981]   いろは  うた   投稿者:  春間 則廣   投稿日:2016/12/02(Fri) 00:46   [返信]

色 は 染へと 千(霊)理 塗るを

廻か世 誰そ 常ならむ

有為の 奥 邪馬(耶麻・夜摩) 仮不 超えて

麻 起 夢 見じ(し) 酔ひも せず


[9980] Re:[9979] 無題 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2016/11/26(Sat) 09:47   [返信]

> >  >順を置く あなたの 認識(慮する選択)  に 囚われるから です
> >   そうですね、きっと。

> きっと来る
> という時、
> 来ないこと を 前提にして、来てほしいと ヨクする
> ( 空にあって 有 に 囚われている )

来ないこと を 前提にして
とは
来ていないこと に ある から
来ていなくて 来ない

悟りを得て 菩薩となっているから
悟りを不取
  と    何を 不取  かが 
如実なことと する(なる)

どのように 「有」 に 執着 しているかは
有情 には 窺い知ることが難しい

「 空 」 は 
いずこにも どのようにも 存在を顕わさない
( いいかえると )
どこにでも 如実   である

「縁起」 は 「空」 の 呼び名 です


[9979] Re:[9978] 無題 投稿者:  春間 則廣   投稿日:2016/11/25(Fri) 11:39   [返信]

> >順を追って 読まなければ 理解できないのは 
> >(如実たる真理に)順があるから ではなく
> >順を置く あなたの 認識(慮する選択)  に 囚われるから です

>  そうですね、きっと。

きっと来る
という時、
来ないこと を 前提にして、来てほしいと ヨクする
( 空にあって 有 に 囚われている )

> 全体が、すぐわかることもあり、
>  ほんの部分しかわからないこともあります。

そのわかった 全体は 何の一部ですか ?
分かった部分 を 支える全体がなければ 一部は縁起しません
有ればいいのでなければ
来ても問題ではない
>  次の部分がしれるとき、前のは部分だったと知ります。

> ですが、そういうことは、そんなに問題ではないように思います。

問題にしない時 
問題ではない  と そのように 落としどころをつける

> やがて、(誰でも)全部知るからです。

「 だったら あなたの今の問題は
  やがて が やがてではなく 今となるまで 問題にするまでもありません 」
 
なんかこの言い方に 問題はありますか ?

わたし には やがて(全部知る) は 訪れることがない
誰でも という括りは 
誰でもではない ということによって
虚言となる

> それだけは、わかっています。

分かってくれてますね !
( わかっている者に わかっていない者が キョウチョウ します )

> 大事なのは、そこですね。

ここにいて そこ を ここに 持ってきます

ここは 今 問題ではありませんか ?


[9978] 無題 投稿者:管理人エム 投稿日:2016/11/25(Fri) 10:44   [返信]
>順を追って 読まなければ 理解できないのは 
>(如実たる真理に)順があるから ではなく
>順を置く あなたの 認識(慮する選択)  に 囚われるから です


そうですね、きっと。

全体が、すぐわかることもあり、
ほんの部分しかわからないこともあります。

次の部分がしれるとき、前のは部分だったと知ります。

ですが、そういうことは、そんなに問題ではないように思います。


やがて、(誰でも)全部知るからです。


それだけは、わかっています。
大事なのは、そこですね。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -