Magical Board


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)   クッキー保存
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

[10637] Re:[10636] 政治の宣伝はしょーもないのでマニカナではよしましょう 投稿者:えび天サンバ 投稿日:2018/04/05(Thu) 01:13   [返信]
> 高所得者や資産家に高い負担を課すのは浅ましい考えではないですよ。
> 高い所得を得るには国や自治体の基盤やらサービスやらを
> より多く利用していると考えるべきで、資産形成についても同じです。
> 故により高い負担を求めるのは形式的には不平等ですが、
> 実質的には不平等ではないということです。
> えび天サンバさんと同じ考え方で所得税と廃止しているところがありまして、
> 某覇権国のテキサス州ですね。
> リバタニアンなどの極端な自由主義者や資産家に多い考え方ですね。
> インドのマハラジャや中国の特権階級を見れば、
> 彼らの自由意思に任せた場合に際限なく富をため込み
> 社会や共同体のために使うことが少ないだろうということは
> 容易に想像できると思います。

なるほど。財務官僚が喜びそうな発言だね。ま、お好きにドーゾ。

[10636] Re:[10635] 政治の宣伝はしょーもないのでマニカナではよしましょう 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2018/04/04(Wed) 22:48   [返信]
> それでいいでしょう。累進課税か間接税か、人頭税か間接税か、
> という時代だと思いますね。金持ちからむしり取ろうなんていう
> 浅ましい考えは捨てた方がいいと思うなぁ。

高所得者や資産家に高い負担を課すのは浅ましい考えではないですよ。
高い所得を得るには国や自治体の基盤やらサービスやらを
より多く利用していると考えるべきで、資産形成についても同じです。
故により高い負担を求めるのは形式的には不平等ですが、
実質的には不平等ではないということです。

えび天サンバさんと同じ考え方で所得税と廃止しているところがありまして、
某覇権国のテキサス州ですね。
リバタニアンなどの極端な自由主義者や資産家に多い考え方ですね。

> 金持ちはそれなりに、どっか好き勝手に寄付したりもするしね。

インドのマハラジャや中国の特権階級を見れば、
彼らの自由意思に任せた場合に際限なく富をため込み
社会や共同体のために使うことが少ないだろうということは
容易に想像できると思います。

[10635] Re:[10634] 政治の宣伝はしょーもないのでマニカナではよしましょう 投稿者:えび天サンバ 投稿日:2018/04/04(Wed) 19:46   [返信]
> 個人の所得税を廃止したら大金持ちほど得をすることに
> なるのですが、それでいいのですか?

それでいいでしょう。累進課税か間接税か、人頭税か間接税か、
という時代だと思いますね。金持ちからむしり取ろうなんていう
浅ましい考えは捨てた方がいいと思うなぁ。

金持ちはそれなりに、どっか好き勝手に寄付したりもするしね。

[10634] Re:[10633] 政治の宣伝はしょーもないのでマニカナではよしましょう 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2018/04/04(Wed) 12:37   [返信]
> 覇権体制(ドル)の維持延命のために巨大な量的緩和をやるというのが世界標準だとするなら、政治などは不要ということになるかなぁ。

量的金融緩和はドルの維持のためにやるのではないですよ。
金融緩和をするのは日本銀行で、
米国債を購入するのは財務省。
ここ最近は為替介入をしてないので日本の米国債の保有量は
漸減です。
http://ticdata.treasury.gov/Publish/mfh.txt

緩和も引き締めもアクセルとブレーキを巧みに使い分けて
モノとお金のバランスを整えることです。

副次的に為替が変動しますが、これも極端な円高も
極端な円安も国内経済の景気には良くない。

ブッディズムとは関係ないですが、
中道が最適ということです。

> 税金の話ほど虚しい話題はないけど、消費増税なら個人所得税の廃止&法人税をしっかり取って欲しいもんだ。

個人の所得税を廃止したら大金持ちほど得をすることに
なるのですが、それでいいのですか?

[10633] Re:[10631] 政治の宣伝はしょーもないのでマニカナではよしましょう 投稿者:えび天サンバ 投稿日:2018/04/04(Wed) 00:47   [返信]
> 宮崎哲弥氏はもともと自民党支持者ではないので、
> 野党が政権を取りたかったら安倍政権より良い経済政策を打ち出せと主張してます。とても筋が通っていると思います。

野党を支持しない庶民は大概、同じことを思っていると思いますね。特に宮崎氏がどうということもないでしょう。

覇権体制(ドル)の維持延命のために巨大な量的緩和をやるというのが世界標準だとするなら、政治などは不要ということになるかなぁ。

税金の話ほど虚しい話題はないけど、消費増税なら個人所得税の廃止&法人税をしっかり取って欲しいもんだ。

>仏教を学んで
>政治に取り組めば
>自然 自ずと 菩薩の「行」に携わることとなります

宮崎氏が政治家になって、国民の利益再配分に果敢に取り組む、というのなら、彼の仏教本も読む値打ちがありそうだにゃ〜。

[10631] Re:[10627] 政治の宣伝はしょーもないのでマニカナではよしましょう 投稿者:莓箭毒蛙 投稿日:2018/04/03(Tue) 00:49   [返信]
> これはリフレ派の振る舞いを非リフレ派が揶揄したものですよ

まず最初にそのようなものを書き込むのがおかしいと思いませんか?

webarchiveを引用されてますが、以下を削除されてますね。

>岩田 またしても、慎重に発言しなければならない質問をいただきました(笑)。

当時の岩田日銀副総裁は、財務省出身で消費増税賛成の黒田現日銀総裁を補佐する立場なので
このような表現になったのでしょう。
前置きで本音ではないですよとほのめかしてますね。

本音は退任間際の講演や退任後のラジオ番組の述べられているものだと
TPOを考えればわかると思います。

>ブードゥー経済学ですね。
>まともな経済学者はもちろん、社会経済学者もハナで笑うような理論だと思いますよマーケット・マネタリズム=リフレ派の理論というのは

最初の「リフレ派十訓」もおかしいですが、
こういうレッテル貼りをする姿勢はどういうものなのでしょうか?

現在は、米連邦準備制度理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)も
インフレターゲットを掲げています。
世界標準でおかしなものではありません。

>だから政治はしょーもないのです。

誤解があると思うのですが、金融政策や財政政策の議論は
プラグマティックなものであって、自分の好きな政治勢力が採用しているから
正しくて、嫌いな勢力が採用しているから間違っているというような
党派的なものではないのです。

野党が消費税減税や積極的な財政出動を主張したら
財政政策の点で安倍政権より妥当であるということになります。

宮崎哲弥氏はもともと自民党支持者ではないので、
野党が政権を取りたかったら安倍政権より良い経済政策を打ち出せと
主張してます。とても筋が通っていると思います。

[10630] Re:[10628] 2014年の岩田先生 投稿者:pocket 投稿日:2018/04/03(Tue) 00:24   [返信]
> 安倍総理の増税実施の決断がインフレ期待に影響を与えたとは考えていません

> その途中で消費増税をやると需要をおさえてしまうと。

2014年ではもっぱら期待の話しかしていないのに、なぜアベノミクスの効果が疑われ始めると需要の話が出てくるのか理解できません

だからリフレ派十訓のような揶揄が生まれたのでしょう

[10629] これが政治家・エコノミストの振る舞いですよ 投稿者:pocket 投稿日:2018/04/03(Tue) 00:05   [返信]
だから政治はしょーもないのです。

[10628] 2014年の岩田先生 投稿者:pocket 投稿日:2018/04/03(Tue) 00:01   [返信]
岩田「私は安倍総理が増税を決断された2013年10月1日の市場を注視していましたが、目立った動きは見られませんでした。

つまり、市場参加者は増税をすでに織り込んで取引していたことになります。増税を延期していたほうが、むしろ市場は大きく反応したのではないでしょうか。

したがって、安倍総理の増税実施の決断がインフレ期待に影響を与えたとは考えていません。」

https://web.archive.org/web/20140129080544/http://shuchi.php.co.jp/article/1729?p=1

[10627] Re:[10626] 政治の宣伝はしょーもないのでマニカナではよしましょう 投稿者:pocket 投稿日:2018/04/02(Mon) 23:42   [返信]
> pocketさん、何度も書きますが
> まず「リフレ派十訓」の出典を出してください。
> こういう出所不明のもので悪い印象を与えようというのは
> ちょっとおかしいのではないでしょうか?

これはリフレ派の振る舞いを非リフレ派が揶揄したものですよ

> > 岩田先生は増税は期待に影響を与えていないと評価しているでしょう。
>
> これは岩田先生の主張を捻じ曲げていませんか?
>
> 2018/3/27(火)ザ・ボイス 宮崎哲弥×高橋洋一×岩田規久男
> urlは参照先から
> t=575
> 岩田「リフレ派と言われるひとは皆消費増税に反対したんですね。

当時の岩田先生は反対したんですかね?
リフレ派の先生は田中先生が「財政政策は方便」とかつて放言したように二枚舌を平気で使うのでイマイチ信用できません。


> リフレ派というのは物価はマネタリー的な現象だから
> 消費税なんか関係ないだろうとの思われているのだけれど、
> 実はそうではなくて最終的にはマネタリー現象ですけれども
> その途中で消費増税をやると需要をおさえてしまうと。
> それがずうっと、今高橋先生がおっしゃられた通り、
> その分だけ物価にオンされているわけです実質所得が下がったのと
> 同じで続くわけですね。」

どういう理路でそうなるのかまったく分かりませんね。「フェーズが変わったんでしょうか?」
需要云々なら最初から財政出動すればいいでしょう。

金融政策でデフレ脱却できる!というのがリフレ派の売りだったのに



> t=1210
> 岩田「うっかり消費増税すると、せっかく大規模緩和をしても、
> 元の木阿弥に戻してしまいますよというぐらいの警告を
> 所信表明ではっきり言っておいたほうが国会議員に対しても
> 政治家に対してもメッセージとして言っておいたほうが
> 良かったと・・・」

どういう理屈で元の木阿弥になるんですかね
リフレ派の量的緩和というのはたった2%の消費増税で元の木阿弥になるような脆弱な政策だったんですか?


> 財政緊縮ペース加速すれば物価目標達成困難=岩田日銀副総裁
> ロイターで検索して下さい。
> >岩田副総裁は物価目標を実現する上で「金融緩和と並んで政府の取り組みも重要」「5年間でしみじみ感じた」と指摘し、
> >5年間の金融緩和でも物価が目標の2%に達していない一因として、「人々の予想物価上昇率が2%にアンカーされる前に消費税率の引き上げなどで弱含みに転じてしまった」との持論を展開した。

ブードゥー経済学ですね。
まともな経済学者はもちろん、社会経済学者もハナで笑うような理論だと思いますよマーケット・マネタリズム=リフレ派の理論というのは

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
記事No 削除キー

- LightBoard -