ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[102] ただ、うろ覚えの無常等の視点から、なにか観察して、厭離して、だから、どうしたでニルバーナは決まり。
日時: 2017/02/24 12:54
名前: 素粒子空 ID:NJ8iRmEU

全宇宙素粒子空に告ぐ

 人類苦の原因勘違い集諦、それを科学的智慧的に爆破テロ観察実験するのが、シャカッチティーチング土台にした素粒子空理空論実験論の核心、イトモカンタン最速涅槃到達一本道。解脱・気楽・喜楽の科学。(苦タイはそのまま、you can7t touch this。アンタッチャブルや)
さて、
苦諦、 不条理、アブソードでシリイばかばかしい、アホらしい、生きるに値しない、大  宇宙現世厭離ウンザリガニで飽き飽き。生老病死、人類生存苦この大宇宙、根本的に  一切面白いわけない。瞬間転変、不完全、不確実、不満足、思いどおりに行くか、ボ  ケ。

集諦  原因は、3タンハーと無我の無知(勘違い)、顛倒夢想、クソ実体論。12縁起でいうと、無明の生存欲(ニワトリ)無知勘違い、カーマ(ブタ)好き、ビィバーバ(ヘビ)嫌い、3つを爆破。12因縁中、感覚器官触の防護と攻撃では、素粒子空サティで撃退。無頓着多元性ビヨンドの聖なるウペッカー。慢自我も苦のエスカレーションの原因なので、カット。制止。自我に安楽死を。因果法則的苦の原因認識機能ゴミ軍団(原始性と所有)との全面喜楽戦争。連続殺傷自我。自我苦、観念的名身無我楽。要は、慢自我と三渇愛、10結。4取。全認識ゴミの細胞インパルス、電気信号回路回転の勘違いを白日にさらし、大笑いLOLして、だから、どうした? と智慧的に解脱するか、智慧(三特相又は自家製特相)につなぎ替える配線工事のみ。

滅諦  苦原因勘違い殲滅が即ち宇宙的大安楽、無上楽。身体、感覚、イメージ、コンセプト、言葉、IMO、見解、論理のないニルバーナ。苦? それがどうかしましたか? ワイ、自我の死人と気楽になって、好き嫌いを超越する。即今既に死んでる一切サラサラスベスベ 皮膚脱落透明ゾンビであれば、苦なし。喜楽の勝利。解脱涅槃、それがニルバーナだよ。ワトソン君。現世地獄でニル花の花園にマッパで昼寝。中脳A10神経サーキット(副次的ニル花)の活性化でドーパミン風呂に入って宇宙的リラックス。ハ~。ビバノンノンと宇宙解脱。静かの海。沁み渡るぜニルバーナ。ohープレジャラブル。自然成長的原始人類性勘違いの解除脱出。

道諦  目的ー方法論、勘違い根性・努力論でなく、クールな因果法則、智慧的観察人体実験。たりらリラーんとパアのように3遍回って、自我慢つぶし、3タンハーなどニルバーナに立ちはだかる障害を最終解脱兵器の無常・苦・無我と素粒子空サティ、素粒子空因果法則の智慧で10分気が狂うまで、観察して、分別の無分別、認識ゴミを解除一掃。瞬間一気に無念無想統一になれば、当たり前、従前大脳辺縁系確信神経の悪覚、悪知、苦の条件反応、勘違いがぶっ飛んで、スベスベマンジュウガニなる無執着。同時にニルバーナ電気信号が中脳A10神経回転にリープ。これが涅槃二重構造。もちろん、実験中慧戒定慧の土台と無我宇宙ワンネス素粒子空コナゴナ波動観、モラナサティ、空笑、銭湯ヴィッパサナーで涅槃の実況中継。ほっつき歩く瞑想など同時多発的即今人体experiment。猫の手、科学、ニルバーナでさえも、使えるものは何でも使え。そして、煩悩、涅槃両方両辺多元グラデェーションからも最終宇宙解脱やで。ギャハハ。

                    全宇宙素粒子空がお喜楽でありますように
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

勘違い解消してビヨンドしたら、イトモカンタン誰でも1時間以内にニルバーナや。ギャハハ。 ( No.19 )
日時: 2017/03/16 12:58
名前: 素粒子空 ID:RMCss1BY

シャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会で価値あるものというと、例えば自分、生命、金、地位、名誉ということになるやろ。たぶん。
さらに、自分の命。自分の金・・・、というように、自分が付くと、価値はさらに増大するわけやな。
自分=価値なんや。
でもこれは、誤解、勘違い、大間違いや。
宇宙は人体含めて素粒子だから、自分概念成立させている脳神経細胞も素粒子で空やで、そんなものに、どこに価値があるか? 意味があるか? ということやで。

全現象素粒子空だから、無意味、無価値というより、一切、価値も重要性も不成立。

真理。これは事実やろ。理屈ではないわ。
けど真理は、いくら真理でもハイハイ、そうですね、と人類ホイホイ腑にオチしないで。

なんで? 

勘違いというクソ脳の認識機能ゴミに阻まれてるからや。
だから、それに気づいて、事実に基づいて、自分も価値概念も厭離して、スベスベマンジュウガニのように無執着、勘違い解消してビヨンドしたら、イトモカンタン誰でも1時間以内にニルバーナや。ギャハハ。
メンテ
自然に笑う。無理してでも笑うわけや。宇宙現象に対して、笑い倒すわけや。ギャハハ。 ( No.20 )
日時: 2017/03/16 12:59
名前: 素粒子空 ID:RMCss1BY

ギャハハと笑うと、受け手は、笑われた、バカにされた、と感じる。
なんたる被害者意識。
表現の意味は、表現したものの認識、さらにその対象がどうか、ということなんや。
その受け手は、解釈者であり、その表現を誤解したした場合、そのコミュニケーションが、成立しないということにすぎない。
別によくあることで、どうと言うこともないことやな。
だから、といって、解釈者、受け手の勘違いをおもんぱかって、真理を曲げる必要は、さらさらないで。

ギャハハと笑うのはなぜか?

目的、欲望論で、努力、根性、苦行する、という勘違いでもなく、現状に対して、いかって、変更破壊攻撃の限りを尽くす、という勘違いでもなく、勘違いを勘違いとしらずに、逆にそれが真理だと勘違いすることでもない。これらからビヨンドしたらどうなる?
ということは?

だから、笑うしかない、ということや。

別に、こちらが高し、そちらは低し、その差を笑う、ということではない。それは、パワハラの笑い。いじめて笑うのは、これ最低。
笑いというのは、本来毒を吐き出す行為から発展したもので、人間存在の根底にあるわけや。犬は、舌だして、眼細めて笑ってるやないか、というのは勘違いやで。
笑うのは、このシャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会の現象を毒とみて、真理とのズレを笑うということなんやな。犬は笑わない。
笑うということは、シャバダビヤ王国つまり一般社会でも、真理の世界でも使える。
一切行苦だから、笑えないとか、勘違いしたらあかん。苦虫という素粒子空をかみつぶしたように、深刻ブッタとしてなにになるんや?
別に人類含めた宇宙現象は素粒子空にすぎないんやで。ギャハハ。

だから、自然に笑う。無理してでも笑うわけや。宇宙現象に対して、笑い倒すわけや。ギャハハ。
それが空笑やな。ギャハハ。
メンテ
コンビニの弁当のプラスチックのように、世俗シャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会、ポイ捨てすることや ( No.21 )
日時: 2017/03/17 08:48
名前: 素粒子空 ID:zEv2REHw

自己の確立だの、自分がしっかりしないといけないだの、その裏には、自分がなんか不安で、恐怖で、つまりビビってるから、なにかしないでいられなく、焦って、焦燥に焼かれて、なにかを求めて、右往左往して、落ち着きなく、結局たらふく食って寝てしまう、というのが人類で、こんなん死ぬまで続けても、たいしたことないのは目に見えてるのだけれど、本人、死にたくない、生きていたい、とのたまう。

なんだこれは? まあ、こういうものやで。それが、どうした? という結論や。

この世は、ピッタリフイットするのもたいへんで、天皇みても分かるやろ。
アラブの王様1500人と日本に来たけど、そんな金持ちなら、上記の人類存在苦逃れているか、というと、そういうことははないわけや。

つまり、世俗シャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会の上限でも、その程度、だから、コンビニの弁当のプラスチックのように、世俗シャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会、ポイ捨てすることや。それだけで、大安楽やで。
そこにニルバーナないとしたら、だれがそんなん惜しい、未練たらたらなわけや。ギャハハ。
メンテ
いかにくだらない、概念、言葉、イメージ、空理空論にクソ脳は支配管理されていたか、腑にオチするで。 ( No.22 )
日時: 2017/03/17 13:04
名前: 素粒子空 ID:zEv2REHw

二重相対性りろん

別にアインシュタインの理論で、ニルバーナするわけやないんや。
だから、これは物理学とは関係無い。実はホンマは深い関係あんのやけど。まあ、そんなことはどーでもええ。

そんなに難しい理論ではない。シャカッチいうように、禅いうように、ある見解、資本主義理論、社会、共産主義理論とか、新自由主義とかいろいろそういうイデオロギー観念体は、ニルバーナに奇与しないし、逆にそういうのにこり固まると、心の流動性、つまり神経細胞上の電気信号がよー回転しない。そうなると、無常過程である、この宇宙で疎外されてしまうわけや。
置いてけぼり、日本共産党みたいな。ギャハハ。

これは何でもそうや。あまり根詰めて、そういう観念、言葉、概念を引っかき回して、覚え込むと、仏教理論だろうが、右翼保守理論だろうが、イスラム教保守思想、天台本覚思想、全部そうなる。

だから、そういう観念、概念、言葉、見解は、できるだけ排除しないと。なにかを信じるなんてもってのほかほかや。

で、概念、見解から、ビヨンドする必要性が、ニルバーナにはある。そんな言葉は、世俗のものなんやから、そんなの蹴飛ばすのが、クールやで。ギャハハ。

いい、悪いというか、いいでしょう、ダメというものから、まず、試しに解脱する。
別に何でもええんやけど、日常、これはいいのか、悪いのか、禁止か、ゴウか、とくだらん電気信号してるから、思考、妄想に発展するんやからなー。
それに小さい頃から、周りから、それは、ダメ、それはまずい、それはよくない、と散々に聞かされたから、こういうのから、解脱するだけで、その分楽になるで。

まあ、1分くらい、気落ち着けてから、いい加減な楽な厭離気分で、いい、悪いを観察する。
この間、3分。
宇宙、人体素粒子空だから、当然たばこの煙のようなものや、あたりまえに無常、苦、無我、空やろ。
だから、いい、わるい、まずい、ダメという概念を素粒子空観点で観察する。
さらに、いいだけ消す。いい消したら、わるい、まずい、ダメも消える。概念も相対性、依他起性、因縁性だからな、当然や。
これだけで、さんざん問題にされるいい悪いは成り立たない、なんだ、そんナンにだまされて振り回されていた、と判明する。

さらにもう一つの相対性があるんや。
いい悪いを認識しているのは、自分だから、自分を1秒消す。
無我体験しなくても、1秒くらい非我、無我ナントカ達成てきるやろ。
その瞬間、いい悪い消える。

しめて、5分以内や。

つまり自我も概念で、それに対するいい悪いも概念や。だから、相対性原理によって、これがあるとき、あれがある。これがないとき、あれはない、んや。

ほら、この二重の相対性から脱出によって、見ごと、イトモ簡単、アホでもバカでもサルでも素粒子空でも、いい悪いからビヨンドやろ。

人によっては、これだけで、ニルバーナするかもしれないけど、それは、自我概念にどの程度の感覚、概念、イメージ、言葉がくっついてかによって結果違うからなー。

まあ、これが、概略、二重相対性理論や。

あとは、順次、高低、大小、貧富、善悪、美醜、遅速、生死、老若、健康、病気とか、自分気になる反対概念を遊びのように解脱していけばそれだけ、楽。

いかにくだらない、概念、言葉、イメージ、空理空論にクソ脳は支配管理されていたか、腑にオチするで。
ギャハハ。

メンテ
そうすると、身体電気信号の流が変化して、それがニルバーナ、というだけのことや。ギャハハ。 ( No.23 )
日時: 2017/03/22 08:49
名前: 素粒子空 ID:FJb8jLBY

まあ、言語、概念の場合は、別に第二信号系だから、感覚、身体のケガ、病気等の第一信号系
よりは、電気信号弱い。

つまり、言語系というのは、その程度のもの。だから、言葉や意思で、覚醒剤をやめることは普通できないんやな。

しかし、それが身口意の行動に与える側面はある。弱い言葉概念の電気信号が第一信号の感覚とか、身体とかと絡むと、それは、当然身口意の行動に影響与えるからな。

信仰、狂信というのも、こういうイメージ、概念、言葉が、感覚や身体に絡んで影響与えたもので、それはイスラム見ただけで、分かることやな。

だから、ニルバーナは、概念、言語の言語野で、ごちゃごちゃすることではなく、苦の原因である、固定した言葉、概念とかから、離れること。固定を流動させることなんやな。

そうすると、身体電気信号の流が変化して、それがニルバーナ、というだけのことや。ギャハハ。
メンテ
ただ、言葉が成り立たないことを体験したというにすぎんからな。 ( No.24 )
日時: 2017/03/22 13:01
名前: 素粒子空 ID:FJb8jLBY

まあ、言葉自体は、それは記号で仮設なもの、にすぎない。
しかし、そのつまらないものが、集まると強力になる、質を変えるというのがある。

まあ、そもそも、宇宙は素粒子のあつまり、集積で、まあ、根本、根源から、くだらない、面白く無い、どうということない、どうでもいいものやな。それが、集まると、まあ、認識機能のほうから、価値入れて、勘違いして、素粒子の一時的集積、仮の合着したものにすぎないものに圧倒されたりひれ伏したりする。

これと同じで、言葉、概念もそれ一個一個みたら、ナンの変哲もないものなんやけど、それらがひとかたまりになると、それに価値ランキングつけたり、実体としてみると、あたかも言葉、概念になにか価値があると勘違いする。これも認識機能の弱点やな。

くどいけど、あくまで、一般社会とニルバーナ観点を一応区分けしないと、混乱するで。
一般社会は言葉で運営されているけど、ニルバーナ観点は、概念、イメージ、言葉は、基本的に用無しやからなー。

まあ、人類が勘違いして、一般社会がすべてだと勘違いして、ニルバーナ観点忘れたり、ニルバーナ観点はどんなのかと体験しないからとしていても、、べつに、人類そういうもので、そういうことで、個人の責任追及したり、それ理由に攻撃しても仕方ないことや。

そもそも、赤ん坊、言葉しゃべったら、わーわー喜ぶのが、シャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会やからなー。それはもともと、一般社会のものだからなー。まあ、言葉の危険性とか、ウソとか、ニルバーナの障害性とかは、それはそれ、シャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会では、気づいて、研究しているひといるけど、ごく少数やろ。

だから、概念、言葉のメリットデメリット観察して、概念、言葉から厭離することやな。
別に厭離したからといって、言葉、概念使えなくなるなんてことはないんや。
ただ、言葉が成り立たないことを体験したというにすぎんからな。

ニルバーナしたからといって、シャカッチもスマッチも失語症になったという話はないやろ。ギャハハ。
メンテ
あらよっと、レットイットゴーする。どうでもいいのではありませんか、と腑に落ちる。 ( No.25 )
日時: 2017/03/24 12:48
名前: 素粒子空 ID:NJ8iRmEU

まあ、人類それぞれ、なにがリアルであるのか、というのは違って当然なんやな。
その環境と人体の相互作用によって、それは、異なっている。

ただし、みんなくそったれであることは、共通やな。ギャハハ。

それで、無我、空を体感、実感することだけど、これは古来、いろいろな方法があるけど、現代人はとくに、この自我概念をうすめんとアカンようになっている。

つまりくだらない情報多すぎる社会だからな。この情報と自分がいるというクソ概念と既存ビルドインされている、渇くことなき、飽くなき3衝動が、絡みあって、なかなか、ここから抜け出すのにカンタンではないからやな。

だけど、この相互浸透というか、三点の絡みあいをほどいていけば、ナンのことない、ニルバーナは確実や。

だから、まず、素粒子空になりきって、なりきらない、よけいなものが合着、執着しているから、それポイ捨てしていけばいくほど、喜楽になって、全部終わらないうちに、ドカンとニルバーナ来るという寸法なんや。

宇宙素粒子空は、事実であって、無常、苦、無我、空、そうであれば、合着、執着が、倦怠、厭離、いやや、もうおなかいっぱい、またてめーかよー、うんざり、反吐出る、一切無価値、無意味で、なにもがっちり、がっぽり、どっぷりしがみつく必要は全然無い。
あらよっと、レットイットゴーする。どうでもいいのではありませんか、と腑に落ちる。

だから、宇宙解脱で大安楽といういつもの結果やな。ギャハハ。

メンテ
苦で、不完全、不確実で、無常の素粒子空の流だから、認識機能を維持しよう、激変はいやだ、といっても、それは、無理なんやな。 ( No.26 )
日時: 2017/03/27 08:54
名前: 素粒子空 ID:ZiUMH6/c

人類、生命生きていたい、存在し続けたい、長生きしたい、死んでも健康でいつづけたい、というジョークにとりつかれているんやな。

そのもとが、激変を嫌う保守性なんや。生まれること、死ぬことは、激変だから、それが恐怖、心配、不安を引き起こすわけや。

だから、なんの疑問もなく、自民党に投票する。ギャハハ。まあ、どこ投票しても同じようなものなんやけど。ギャハハ。

つまり、激変からうける印象、その程度において、生きていたい、どうぞこのまま、どうぞこのまま、というトンデモない誤解、勘違いに基づく欲求がでるわけや。

存在は、苦で、不完全、不確実で、無常の素粒子空の流だから、認識機能を維持しよう、激変はいやだ、といっても、それは、無理なんやな。

それなのに、存在欲で生きていけない、あれも得なくては、これも得なくては、というのは、どういうブラックジョークなんや。

苦なものをがっちり握りしめて、というより、苦をのぞんでいて、一方では、苦からの解放、ニルバーナの実験するなんて、シッチャカメッチャカやで。

だから、ここは冷静に、今の認識機能でも仕方ないから、生老病死に四苦八苦が、生命であると、観察するしかないやろ。

そのうち、どんでん返しの認識が現れるから、それがニルバーナ。

それは、人類個々のクソ脳の変容だけど、そればっかりは、どう工夫しても、シャカッチでさえ、アンタッチャブルやからなー。ギャハハ。
メンテ
両方、倦怠、厭離、離欲、無執着することやな。ギャハハ。 ( No.27 )
日時: 2017/03/27 12:49
名前: 素粒子空 ID:ZiUMH6/c

皮剝なのか、それとも。

人類75億、全身これ、細胞は常識やな。中学生以上。

その細胞も、原子、分子できている。これも常識。

さらに、原子、分子は、素粒子で出来ているから、人類75億は、素粒子空にすぎんな。

これ徹底すると、思考だの妄想だの概念、言葉、意見、見解、論理は不成立だと体感するわけや。これは、ニルバーナ観点からやで。

とうぜん、自我というものも、ありえない。

人間関係? 人間はいないし、当然人間いないのに、その関係とは? ギャハハ。

以上が、ニルバーナ観点の一視点やだけど、とうぜん、シャバダビヤ観点もあるわけや。

自我がこうこうしているとか、自我哲学だの、私の見解だの、とのたまうわけや。
当然、死にたくない、ビビってるけど生きていたい。もう、際限ない。

ここで、問いだけど、上記、ニルバーナ観点とシャバダビヤ勘違い王国つまり一般社会、どちらが真理なんやということや。

まあ、真理の定義にもよる。何でもええから、疑問提出すればええということではないんやな。
疑問詞も下手に使うと、くだらないことに頭なやますことになるで。

ただ、疑問詞でも、ニルバーナ観点から使用することもできる。

つまり対象に関して、無執着になっている問い、
だから、どうかいたしましたか? とか、だから、何ですか? それが、いったい全体、何だというのでしょうか? という使い方なんやな。

まあ、それでも、言葉使うことになるからなー。まあ、それも仕方ないことやな。 

結論は、ニルバーナもシャバダビヤ王国つまり一般社会からも両方、倦怠、厭離、離欲、無執着することやな。ギャハハ。
メンテ
あーだ、こーだ哲学するより、実験のほうが速い、ということや。明らかに。 ( No.28 )
日時: 2017/03/27 12:59
名前: 素粒子空 ID:ZiUMH6/c

自我を離れるには、対象と不二になればいい。

対象になりきるとき、そこに、自我はない。当然、自我があったら、対象と一体になれない。
なまこがうらやましい。

つまりナマコに骨がないからな、ギャハハ。

ここからいうのが、自我がないとき宇宙が自我だ、というわけやな。
それを大我、真我ともいう、と説明したりする。

これは非常なる誤解を生むんやけどなー。

もうひとつ、大我、真我って、どれだけ、我が好きなのか? ということや。

自我不成立の無我体験したのに、また、我かよ、ということになりかねないやろ。

ある物事のポイントだけとりあげると、それはカンタンそうに見えるけど、実は、それだけ単独しているものなんて観念上しかない。つまり関係として、生滅してるから、その仕組み見破らないとなー。もし、そうするなら。

さらに、言葉の定義にもよるし、体験の有無にもよる。

だから、結論は、あーだ、こーだ哲学するより、実験のほうが速い、ということや。明らかに。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 タイトルは次の画面で設定してください
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存